« 「Oh No OSENSUI. 」「汚染水(radioactive water leak)なんとかして〜」バナー。 | トップページ | (ビデオニュース・コム)和歌山カレー事件関連で、2本。 »

2013年9月 2日 (月)

村田元スイス大使「オリンピックを辞退すべき、福島原発の汚染水問題は日本だけでは解決できない」

 最初に関連で、1年前の2012年6月16日号週刊現代の記事のご紹介(pdfにしました

20120616muratakouhei_  主な表題です。

——反骨の外交官・村田光平 元駐スイス大使 原発の危険性を世界に訴え続ける 「原子力については専門家より市民の直感が正しい」福島第一原発が制御不能になる可能性 震度6以下の地震に本当に耐えられるのか 「日本の指導者層の反省のなさはひどい。昔なら切腹ものです」 「災いをもたらす国策を変えるために立ち上がりました」——。


 以下、田中龍作ジャーナルから。

(以下転載始め)
田中委員長「汚染水放出やむなし」 村田元大使「日本だけでは解決できない」
http://tanakaryusaku.jp/2013/09/0007830

(略)

4420bb99e8bd41b49d369e78c23e69e3
「国際協力なしで解決はありえない」と迫る村田元スイス大使。=写真:筆者=

 記者会見で出る質問と答弁は言い尽くされたものばかりだったが、元スイス大使の村田光平氏の質問が際立った。

 村田光平氏は在職中に反原発文書を配布したとして批判された「反骨の外交官」だ。福島の原発事故では昨年3月、参議院予算委員会の公聴会に公述人として出席、4号機の倒壊と燃料棒の問題について指摘し、「世界の安全保障問題として対応が必要だ」と訴えたことでも知られる。

 村田氏は「電力会社と一国家だけでは解決できないことを世界に知らせるべきだ。総理直轄下に事故対策本部と国際タスクフォースを設置するべきだ」と田中委員長に迫った。

 田中氏は「ご指摘のことは伺っておくと言うしかなく、私の立場ではコメントできない」とかわした。

 記者会見終了後、筆者は村田元大使に話を聞いた―

 「世界が(汚染水問題に)どんどん目覚めている。こんな時にオリンピックをやったら、日本の恥だ。(事故処理は)国際協力なしにやってゆけない。(問題は)これからさらに表面化してくる。その際の国際世論は凄いものになる」。国際情勢をよく知る村田元大使は、今後の動きを見据えながら語った。
(以上転載終り)

 

 関連で、記事中村田光平元スイス全権大使の主張を紹介する新華社の記事。

Nuke crisis casts shadow over Tokyo's Olympic bid
Updated: 2013-08-27 23:08
( Xinhua)
http://www.chinadaily.com.cn/world/2013-08/27/content_16925023.htm

TOKYO -- The International Olympic Committee (IOC) is getting set to decide on the host country for the 2020 Summer Olympics on Sept. 7 in Buenos Aires, Argentina, but while the candidate cities of Tokyo, Istanbul and Madrid wait eagerly for the final decision, a dark cloud looms over Tokyo's prospects due to an escalating crisis at a stricken nuclear power plant.

IOC officials preparing for the meeting in Buenos Aires have publicly downplayed the renewed concerns over the tsunami-ravaged Fukushima nuclear power plant despite it leaking more than 300 tons of radioactive water into the Pacific Ocean, sources close to the matter said, but behind the scenes, concerns are rife.

"The IOC have remained somewhat tight-lipped about the Fukushima crisis, but we (Japan) will be imprudent if we thinks that the issues at the plant, just 250 km northeast of Tokyo, will not factor into the final decision," a Japanese Olympic Committee (JOC) representative told Xinhua, speaking on condition of anonymity.

"The IOC and JOC are both downplaying the incident and Tsunekazu Takeda, President of Tokyo 2020 and the Japanese Olympic Committee and Tokyo Governor Naoki Inose have both said Tokyo is still the best choice as the Games' host city, but there's a sense of trepidation in the Tokyo camp regarding the situation in Fukushima," the JOC representative said.

The JOC insider said that it would be impossible for the IOC to disregard the fact that the Fukushima nuclear plant operator, Tokyo Electric Power Co. (TEPCO), and the Japanese government have failed to contain a leak at the crippled plant, leading to the Japanese nuclear energy watchdog mulling to raise the incident level from one to three on the international scale that measures the severity of nuclear accidents.

The current crisis marks the highest crisis level since the reactors melted down after the massive tsunami wiped out key cooling functions at the Fukushima Daiichi nuclear facility in March 2011 and the current leak is the fifth-largest since the tsunami hit and the worst since last year.

Adding to the dark cloud looming over Tokyo's bid to host the Games, the government has blasted TEPCO's handling of the situation and the utility's consistent and intentional delays in releasing information to them, the Japanese public and the global community, sparking increasing concern both at home and abroad.

As the TEPCO struggles to control the crisis, Japan's Chief Cabinet Secretary, Yoshihide Suga, said that it was intolerable to allow radioactive water to flow freely from the plant and into the Pacific Ocean and lambasted the utility for failing to maintain the physical integrity of the leaking tank.

Suga said that the government will do it all it can to help the embattled utility resolve the ongoing disaster as soon as possible, but since the March disaster, faith in both TEPCO and the government's ability to disseminate timely and accurate information to the global community, as well as their ability to effectively and definitively contain the crisis, is diminishing.

Mycle Schneider, an independent consultant and lead author for the World Nuclear Industry status reports, who has previously advised the French and German governments on nuclear issues, said recently that water is leaking out all over the Fukushima site, not just from a single tank, and that there are no accurate figures for the radiation levels.

Schneider said that the quantities of leaking radioactive water is massive and that it is not just leaking from tanks, but also from basements and cracks in encloses, partitions and pipes and as such the actual radiation levels are "immeasurable."

The nuclear expert added that the crisis is "far worse" than the world has been led to believe.

Meanwhile, the chairman of Japan's nuclear authority, Shunichi Tanaka, concurred with Schneider, saying he feared there would be further leaks.

"We should assume that what has happened once could happen again, and prepare for more. We are in a situation where there is no time to waste," Tanaka told a recent news conference.

Global nuclear regulators and independent watchdogs are hugely concerned that massive amounts of water used to cool the reactor cores, which are now being stored on site, may be too much for the tanks' capacities and radioactive elements like cesium and other isotopes such as the highly-mobile strontium 90, may be further released into groundwater and subsequently into the environment.

Around 1,000 tanks have been built to contain the highly radioactive water, but the tanks are at 85 percent of their capacity, with 400 tons of extra water being added daily, raising concerns that the crisis is far from over and set to get worse, leading some to believe Tokyo should withdraw its Olympic bid.

Mitsuhei Murata, a former Japanese ambassador to Switzerland has officially called for the withdrawal of Tokyo's Olympic bid, due to the worsening crisis at Fukushima, which experts believe is not limited to storage tanks, but also potential cracks in the walls of the spent nuclear fuel pools.

Murata in an official letter to the U.N. Secretary-General, stated that TEPCO's radiation figures cannot be trusted and that the lack of urgency in Japan regarding the crisis should be a cause for global concern.

Schneider, himself is also calling for an international task-force to be sent to Fukushima, maintaining that the Japanese have an inability to ask for help, even when they need it most.

Inose, however, is still championing the virtues of Japan and Tokyo as the best venue for the Games and has said that the latest data shows that radiation levels in the country's capital city are the same as in London, Paris and New York.

"Regarding food and water in Tokyo, there is absolute safety and the data is available," Inose said. "As far as hosting the Games, the situation in Fukushima will not affect Tokyo."

Similarly, Takeda has said that his confidence remains high and that his committee would justify being the "favorites" to host the Games for the first time since 1964.

"The country is tremendously excited about our plans and we feel a great momentum continuing to build for our bid and Tokyo 2020 is the safe pair of hands that can be trusted to deliver superb Games in these uncertain times," the President of Tokyo 2020 and the JOC said in a recent new conference.

Tokyo, which hosted the Olympics in 1964, lost out to Rio in the race to host the 2016 Games, but organizers here are counting on the city's financial clout and their immediate access to a budget of $4.5 billion dollars to swing key IOC votes at a time when cuts are looking to be made in Olympic spending.

"Let's have everyone fulfill their respective missions and responsibilities so we can sound off the announcement of '2020 Tokyo' on September 7," Prime Minister Abe said at a recent kick-off event in Tokyo, ahead of the IOC voting session.

However, while the Japanese government and the JOC continue to downplay the growing Fukushima crisis in an attempt to secure the lucrative 2020 Olympic Games, it remains to be seen whether the IOC will pay heed to rising domestic and global concerns voiced by both officials and nuclear experts that perhaps Japan, after all, is not in such "safe hands."

 

事故で世界中が破滅...... 福島第一原発4号機に危機感を募らせる国際社会
http://www.wa-dan.com/article/2012/05/4-4.php

 5月5日、北海道電力泊原子力発電所3号機が停止し、国内全50基の原発が停止した。しかし、これで安心といったわけではなく、福島第一原発4号機の危険性を世界が危惧している。

 米上院エネルギー委員会の有力メンバーの一人、ロン・ワイデン議員は4月6日に福島第一原発を視察。その後、16日付で4号機の原子炉建屋が再び大きな地震や津波に見舞われれば、使用済み燃料プールが崩壊し、「当初の事故より大規模な放射性物質の放出が起こる恐れがある」と警告した。

 さらに、ニュースサイト『ハフィントン・ポスト』は、4号機のプールにある核燃料棒が冷却されずに放射能が放出された場合、そこから出るセシウムの総量は、チェルノブイリ事故で出た量の少なくとも10倍になる、との専門家の分析を紹介した。

 これほどまで国際社会で福島第一原発4号機が注目される理由を、元スイス大使で東海学園大学名誉教授の村田光平氏はこう言う。

「いまや4号機の存在は、北朝鮮のミサイル問題にも劣らぬ、全世界にとっての安全保障上の大問題になっているのです」

 さらに村田氏は今年3月、参院予算委員会の公聴会に公述人として出席し、「4号機が事故を起こせば、世界の究極の破局の始まりと言える」と警告している。

 東電は4月26日、4号機原子炉建屋の倒壊危険性を否定するリリースを発表。しかし、村田氏が「事故を起こした国や東電の信頼は世界中で地に落ちています。発表をうのみにする国など、どこにもありません」と言うように、米国では福島第一原発の現状と事故の収束に向けて、世界のエキスパートを集め、中立した独立機関としての評価委員会を作る動きがある。

 村田氏は善処を求める書簡を野田佳彦首相にも送った。だが、いまのところ、具体的な動きはない。

※週刊朝日 2012年5月18日号

 

No Nukes
http://www.chocochips.co.uk/2012/06/no_nukes_27.html

2012年3月22日参院予算委員会公聴会・午後(全3時間4分21秒)
↓30分30秒から再生(村田光平元駐スイス大使の発言部分)
https://youtu.be/Q5oniO6TG-U#t=30m30s

30分30秒から43分35秒まで。村田光平元駐スイス大使。

 

2012年3月22日参院予算委員会公聴会・午後(全3時間4分21秒)
↓最初から再生。
https://youtu.be/Q5oniO6TG-U#t=0m0s

30'30"〜43'35" Mr.Kouhei Murata , ex.ambassador of Switzerland
2012.3.22

[A Fukushima, état d'urgence pour le réacteur 4 /Article publié le 08 Juin 2012/Par Philippe MesmerSource : LE MONDE]Un arrêt du refroidissement des barres de combustible stockées dans la piscine provoquerait un accident majeur. Malgré la volonté du gouvernement japonais et celle de la Compagnie d'électricité de Tokyo (Tepco) de la minimiser, la gravité de la situation à la centrale nucléaire de Fukushima continue de menacer l'environnement et la population. Les bâtiments des réacteurs numéros 1, 2 et 3 restent difficilement accessibles, l'état du combustible dans les réacteurs demeure incertain et les dégagements radioactifs se poursuivent. A court terme, ce n'est pourtant pas ce qui inquiète le plus les experts.

 

2012年6月 9日 (土)
「震度7でチェルノブイリの10倍の放射能を放出」:第四号機の終わり無き「緊急事態」/ルモンド紙(6月8日)
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/71068-19af.html

《訂正と御詫び》ア―ニー・ガンダーセン博士の発言で当初「核反応」と訳していた箇所につきまして、元の記事では「反応」となっていたことに気づいたため、正確を期すために修正させて頂きます。誤解された方、申し訳ありませんでした。(6月9日)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

日本国内外の原子力関係者が最も危険を危惧する福島原発第四号機。心配の元凶である第四号機の使用済み燃料プールには、現在も計1535本の使用済み核燃料が残されている。震度7以上の地震や冷却装置の停止が起き、核燃料棒が空気に触れれば、チェルノブイリ原発事故の際に放出された量の10倍にあたる量の放射性セシウムが空気中に放出される危険があるという。こうした危機への解決策が見出されない中、日本政府は国民の大多数による反対を押し切って大飯原発の再稼働を急いでいる。


●福島原発 第四号機

昨年3月15日に起きた大規模な水素爆発で建物の骨組みが大きく破壊され、強度が脆弱となった福島原発第四号基の使用済み核燃料プール。大多数の原子力専門家は、強い地震が再び起きる、もしくは冷却装置が停止した場合には、現在ある建物の残骸が完全に崩壊すると見ている。6月6日、東京電力は、使用済み核燃料プールの冷却装置に取り付けられた2つのポンプのうちの一つが故障したと発表した。幸い故障は解決したが、福島第四号機が現在置かれている極限の状況と深刻な危険が改めて浮き彫りになった形だ。

第四号基の使用済み核燃料プールにある使用済み核燃料棒が(地震などで)空気にさらされれば、深刻な惨事に至ると見られている。米国エネルギー省の元幹部ロバート・アルバレスは、こうした事態が起きれば

「チェルノブイリ原発事故の時に放出されたセシウム137の、10倍にあたる量のセシウムが放出されるだろう。」

と述べる。エネルギーに関する専門家集団、フェアウィンズ・アソシエートのア―ニー・ガンダーセン博士は言う。

「一度核燃料棒が空気に触れて反応が始まれば、止めることは容易ではありません。(プールにある)全ての放射性物質が空気中に放出されるでしょう。」

<参考>ガンダーセン博士による4号機の現状解説/Youtube(5月24日、英語です)「自然災害は私たちを待ってはくれません。しかし日本政府は十分迅速な対応を行なっているように見えません。」
http://www.youtube.com/watch?v=cXjlRbh7dxk 

最悪の事態が起きた場合、日本政府は東京都の住民全員を退避させることを想定している。

今年2月に日本を訪れたフランス原子力庁のベルナール・ビゴ長官もこうした危険を認識、使用済み核燃料プールから核燃料棒を取り出すことを「緊急の最重要課題」と指摘している。

これに対し東京電力は、使用済み核燃料プールには十分な水があり、補強工事により震度6強の地震にも耐えられようになったので安全、と主張している。他方で日本政府は、5月25日に原子力事業に関する規制に基づき、現在大きく破壊され変形している第四号機の建物西側の内壁の強度を再度確認するよう指示を行なった。翌日の5月26日に現場を視察した原子力行政を担当する細野豪志大臣は、

「(福島原発第四号基が)不安定な状況にあるとは思わない」

と述べている。しかし昨年3月11日には福島で既に震度7の地震が発生している。村田光平元駐スイス大使(注)は「国家の安全保障にかかわる緊急問題であり、一企業に任せるべきではない」と指摘する。


●野田政権による再稼働に非難集中

このような緊迫した状況にもかかわらず、野田政権は全力で福井県の大飯原発再稼働に邁進、地元福島県を含む全国の国民から強い非難の声が噴出している。政府は再稼働を推進する表向きの理由として、関西での電力不足を理由に挙げているが、実際には現在停止している50基の原発を再稼働させるための一貫とも見られている。しかし福島原発事故の検証は終了しておらず、事故を踏まえた新たな安全規準も施行されていない。

6月6日、東京ではノーベル平和賞受賞者の大江健三郎氏を含む約3千人の市民が集まり再稼働反対の声を上げた。同じ日、広島と長崎の被爆者団体「日本原水爆被害者団体協議会」は、野田政権に対し大飯原発の再稼働と原子力の使用をやめるよう求める特別決議を採択した。大飯原発で事故が起きた場合の放射能による被害についての調査は手つかずのままだ。ワシントンにベースがあるピュー・リサーチ・センターによる世論調査によれば、80%の国民が政府による原発事故への対応に「不満」と答えている。

(抜粋・一部編集)

(注)
○村田光平元駐スイス大使が野田首相に送った書簡/Various Topics(5月2日)
http://afternoon-tea-club.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/05/post_0a58.html 

○村田光平元駐スイス大使による参議院での証言/Youtube(3月22日)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Q5oniO6TG-U 

(Philippe Mesmer, « A Fukushima, état d’urgence pour le réacteur 4 » & « Les Japonais très mécontents de la politique nucléaire de leur gouvernement », Le Monde, 2012.06.08)

 

 2012/06/08付けLe Mondeの7頁。
Lemonde
A Fukushima, état d’urgence pour le réacteur 4
http://leblogdejeudi.wordpress.com/2012/06/08/a-fukushima-etat-durgence-pour-le-reacteur-4/

Un arrêt du refroidissement des barres de combustible stockées dans la piscine provoquerait un accident majeur. Le Monde 8 juin 2012 Tokyo Correspondance Philippe Mesmer

Malgré la volonté du gouvernement japonais et celle de la Compagnie d’électricité de Tokyo (Tepco) de la minimiser, la gravité de la situation à la centrale nucléaire de Fukushima continue de menacer l’environnement et la population. Les bâtiments des réacteurs numéros 1, 2 et 3 restent difficilement accessibles, l’état du combustible dans les réacteurs demeure incertain et les dégagements radioactifs se poursuivent.

A court terme, ce n’est pourtant pas ce qui inquiète le plus les experts. Pour eux, l’urgence se situe au niveau de la piscine du réacteur 4, remplie de 1 535 barres de combustible usagé ou non.

Perchée à une trentaine de mètres de hauteur, elle repose aujourd’hui sur une structure gravement endommagée et fragilisée par une explosion d’hydrogène survenue le 15 mars 2011, quatre jours après le séisme et le tsunami qui ont ravagé le site. Les murs et le toit ayant été soufflés, elle est visible de l’extérieur, recouverte d’une simple bâche. Beaucoup redoutent l’effondrement de ce qui reste du bâtiment en cas de nouveau puissant séisme, ou une interruption du refroidissement du combustible. Le 6 juin, Tepco a annoncé un problème au niveau d’une des deux pompes de son système de refroidissement. Résolu, l’incident a cependant rappelé la fragilité de la situation et la gravité du risque.

Une exposition à l’air de ces barres pourrait être catastrophique. Pour Robert Alvarez, ancien haut responsable du département américain de l’énergie, elle provoquerait une réaction ” impliquant une quantité de césium 137 dix fois supérieure à celle de Tchernobyl “. La difficulté d’arrêter ce processus ferait que ” toutes les substances radioactives se répandraient dans l’atmosphère “, ajoute Arnie Gundersen, de la société de consultants en énergie Fairewinds Associates.

Dans un scénario du pire établi par le gouvernement japonais, une telle catastrophe pourrait se traduire par une évacuation de la métropole de Tokyo. En visite au Japon en février et conscient du danger, Bernard Bigot, administrateur général du Commissariat à l’énergie atomique (CEA), qualifiait déjà de ” sujet majeur “ la nécessité de ” libérer la piscine du réacteur 4 “. Et ce, le plus vite possible. Tepco, de son côté, se veut rassurante. La compagnie insiste sur le fait que ” la piscine a une profondeur de 11 m. Il y a 7 m d’eau au-dessus des barres de combustible qui mesurent 4 m. En cas d’interruption du refroidissement, il faudrait trois semaines pour que 5 m d’eau s’évaporent “.

L’entreprise estime également que les travaux de renforcement de la structure lui permettent de résister à un séisme d’intensité 6 + sur l’échelle japonaise graduée de 0 à 7. Or, le tremblement de terre de mars 2011 a provoqué des secousses de niveau 7 à la centrale. Et le 25 mai, les instances de régulation du nucléaire lui ont demandé de revoir la solidité de la paroi ouest du bâtiment, qui présente une importante déformation.

Le 26 mai, le ministre chargé du suivi de la catastrophe nucléaire, Goshi Hosono, s’est rendu au réacteur 4. ” Je ne pense pas que la situation soit instable “, a-t-il déclaré à l’issue de sa visite, tout en appelant à ” agir le plus vite possible “ pour retirer le combustible.

Vider la piscine s’annonce difficile. Tepco déblaye le site du réacteur 4 tout en installant une structure devant recouvrir le bâtiment. Puis les techniciens achemineront le matériel nécessaire – notamment une grue spéciale en cours de mise au point – pour retirer les barres de combustible. Cette procédure commencera au plus tôt en décembre 2013. ” Ensuite, nous ne savons pas combien de temps l’opération durera “, précise-t-on chez Tepco.

Avec une question : que faire des barres de combustible ? Les sites de stockage du Japon sont presque pleins et la centrale de retraitement de Rokkasho (département d’Aomori) ne fonctionne pas encore malgré dix-neuf ans de travaux et un investissement de 20 milliards de dollars (16 milliards d’euros), trois fois plus que prévu.

Dans l’attente, le combustible du réacteur 4 devrait être transféré dans la piscine commune de la centrale de Fukushima, où de la place aura été faite en retirant une partie des 6 400 barres qu’elle contient. Celles-ci devraient être placées dans des fûts à sec et entreposées dans le site de stockage de Mutsu (département d’Aomori).

Tout cela prendra beaucoup de temps, ce qui fait dire à Mitsuhei Murata, ancien diplomate et actuel dirigeant de la Société japonaise pour une éthique globale, que le problème devrait être considéré comme ” une question de sécurité nationale “ et ne devrait pas être laissé aux seules mains d’une entreprise privée dont les moyens sont forcément limités. Il y a urgence, estime-t-il, car ” les séismes n’attendent pas “.

Philippe Mesmer

始めに戻る


 キャンペーンバナー。

「汚染水ダダ漏れ日本の五輪召致馬鹿騒ぎ糾弾」バナー、Oh No OSENSUI. Exclude Tokyo from 2020 Olympic.
↓click, popup & enlarge anime
「汚染水ダダ漏れ日本のオリンピック召致馬鹿騒ぎは世界の恥さらし」バナー


 気象庁の震央分布図(→頁アーカイブ)、こんな所で原発なんて危険きわまりない(石橋克彦氏、地震学)。汚染水ダダ漏れだからオリンピック開催もふさわしくない。( Japan is situated in a volcanic zone on the Pacific Ring of Fire. It's also located near major tectonic plate boundaries, where's an un-wise place for 54 reactors. and now Osensui is not under control. So Japan and Tokyo is Unworthy of 2020 Olympic Games. )。震央分布図がある新頁

(Epicenter distribution map)
W

 

↓「カルト宗教 統一協会のお友だち こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー。

 クリックすると拡大します。ブログに貼れる370pxのサイズです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。
「カルト宗教 統一協会に応援され(笑) こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー


2006/06 Japanese Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe(2005/10/31 - 2006/9/26 ; Prime Minister 2006/9/26 - 2007/9/26, 2012/12/26 - )sent a message to Moonie's mass wedding blessing ceremony. Abe have appeared on cover page of cult Unification Church's monthly magazine "SEKAI SHISO". Moonie also support Shinzo Abe.

 

 「3経済団体代表者によるごり押し圧力と、元々原発推し進めた自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー。
「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


 クリックで拡大するバナーのタグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。ブラウザがFirefoxなら、その取得したタグを「HTMLの編集」画面に貼りつけます。

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

|

« 「Oh No OSENSUI. 」「汚染水(radioactive water leak)なんとかして〜」バナー。 | トップページ | (ビデオニュース・コム)和歌山カレー事件関連で、2本。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/58148190

この記事へのトラックバック一覧です: 村田元スイス大使「オリンピックを辞退すべき、福島原発の汚染水問題は日本だけでは解決できない」:

» 京都妖怪探訪(307):明王院不動堂 [小路のヲタク草紙]
[画像]  どうも、こんにちは。  市民が普通に生活している空間内や近代的な施設の隣に、妖怪や神仏、異能者など不思議な伝説の遺るスポットが違和感なく存在していたりする。本シリーズでは、そんな現代京都の姿を何度も見てきました。  前回は、京都駅近くの「道祖神社」と境内末社の「書聖天満宮」を紹介しました。  今回は、そのすぐ隣に立つ「明王院不動堂」を紹介します。  かの弘法大師こと空海が東寺の鬼門を守るために、彼自身がこの地で発見した不思議な霊石で創り上げた秘仏が封じられているという、「明王院不... [続きを読む]

受信: 2013年9月13日 (金) 13時15分

» 台風一過の京都・鴨川 [小路のヲタク草紙]
[画像]  どうも、こんにちは。  今月15日から16日にかけて、京都など関西一帯は「数十年に一度」とも言われた台風・大雨に見舞われました。  その直後、17日の京都・鴨川の様子をお届けします。  普段の鴨川の様子。  これは台風接近直前の15日。四条大橋の上から見た鴨川の様子です。 [画像]  普段の鴨川は、このような穏やかな光景なのです。  15日夜の鴨川沿い、先斗町の様子。 [画像] [画像]  この時、既に大雨が降っていましたが、私は「おおー、雨に濡れた石... [続きを読む]

受信: 2013年9月21日 (土) 15時40分

» 台風一過の京都・嵐山(前編) [小路のヲタク草紙]
[画像]  どうも、こんにちは。  今月15日から16日にかけて、京都など関西一帯は「数十年に一度」とも言われた台風・大雨に見舞われました。  その直後、17日の京都・嵐山の渡月橋付近の様子をお届けします。  京福電車・嵐電の嵐山駅。 [画像]  今回はここからスタートします。  この辺りは、ほとんど通常通り。台風の被害を受けたようには見えませんが……。  そこから渡月橋方面へと少し歩きます。   [画像]  観光客も居て、バスも動いていて、一見すると何の被害もなかったよ... [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 07時28分

» 台風一過の京都・嵐山(後編) [小路のヲタク草紙]
[画像]  どうも、こんにちは。  今月15日から16日にかけて、京都など関西一帯は「数十年に一度」とも言われた台風・大雨に見舞われました。  前回に続いて、17日の京都・嵐山の渡月橋付近の様子をお届けします。  前回の続きで、渡月橋の東詰から西岸側に渡ります。 [画像] [画像] [画像] [画像] [画像]  渡月橋の上から見た桂川の様子を以下の動画にも残してみました。  西岸へ。 [画像] [画像] [画像]  桂川と並行してい... [続きを読む]

受信: 2013年9月25日 (水) 19時50分

« 「Oh No OSENSUI. 」「汚染水(radioactive water leak)なんとかして〜」バナー。 | トップページ | (ビデオニュース・コム)和歌山カレー事件関連で、2本。 »