« 特定秘密保護法案の本質的な問題は何一つ解決していない(ビデオニュース・コムの動画) | トップページ | 秘密保護法案の真意とアメリカ秘密保護制度との対比、秘密保護法の真意は公安権限の拡大にある(最新必見ドットコム動画2本) »

2013年10月20日 (日)

柄谷行人さんの講演を益々聴きたくなりました。

 柄谷行人さんは、「反原発デモが日本を変える」を読み、資料採録して以来注目する方でしたが、山崎行太郎さんの、下記エントリーを読んで、柄谷行人さんの講演を益々聴きたくなりました。

 一応、調べたのですが、講演前日と言うこともあり、既に定員一杯。念の為にきいたら、「会場:NPO法人国際縄文学協会事務所」と言うことで、事務所にビックリしつつ更に尋ねたら、文字通り事務所で70人くらいの定員との事で、いくら何でも会場が狭すぎ。ネット中継もないとのことで、講演会に参加出来た人は幸運でした。

 

2013-10-19
縄文未来塾の「柄谷行人講演会」に行って来た。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20131019

2013-10-18
イオニアの「イソノミア」とは何か。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20131018

(以下転載始め)
2013-10-17
■イオニアからアテネへ。アテネからイオニアへ。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20131017

あるいはイソノミアからデモクラシーへ。デモクラシーからイソノミアへ。これは、神話化され、伝説化されている「アテネのデモクラシー」という神話、つまり「アテネ中心主義」で語られてきたデモクラシーの神話を、批判=解体することである。つまりアテネのデモクラシーは、それ以前の「イオニアのイソノミア」に遡行できるということだ。では、イオニアのイソノミヤとは何か?

明日(10/18)は、縄文学会というところで柄谷行人氏が、「イオニアのイソノミア」について講演するというので、出掛ける予定だ。柄谷氏が、『哲学の起源』で展開している議論をふまえての講演になるだろう。明日(10/18)は、日大芸術学部で講義があるが、学生には申し訳ないが、早目に切り上げて、柄谷行人講演会に参加する。

この講演会を企画したのは、小沢一郎の「懐刀」とか「知恵袋」とか言われる平野貞夫さんだ。余談だが、平野さんは、私の『柄谷行人論序説』(「月刊日本」連載)を読んでこの企画を思いたったらしい。今、衆議院選挙、参議院選挙と、連続して惨敗した小沢一郎周辺は、意気消沈し、次の戦略も立てられないまま、途方にくれているのが実情だろう。それで、いいのだと私は思う。沈思黙考の時間が必要だろう。才能や才覚のない愚かな奴が指導者気取りで、空念仏を唱え、大きな顔をすると碌なことはない。こういう時に危機を突破し、次のステージを切り拓いて行くのは、凡人には出来ない。小沢一郎や柄谷行人のような、それこそ「存在論的思考」が出来る人に限られる。藪医者は引っ込んでいろ!!!

その意味で、今、平野氏が、「柄谷行人」に注目したのはいいことだ。平野貞夫氏は、柄谷行人の「イソノミア」の中に、「縄文文化的なもの」、あるいは小沢一郎的な「国民の生活が第一」「共生の政治」との類似性、相関性を、発見したらしい。そこで、柄谷行人氏の講演を聞きたいということになったらしい。

柄谷行人氏は、言うまでもなく、今、わが国の思想家で、世界に誇れる唯一の思想家だ。平野氏の目に狂いはない。明日の「柄谷行人講演会」が楽しみだ。(続く)
(以上転載終り)

 

データ:
■ 縄文未来塾
http://www.jomon.or.jp/%E7%B8%84%E6%96%87%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%A1%BE/

第7回:10月18日(金)18時-20時

定員に達したため募集を締め切りました。
多くのお申込みをいただきありがとうございます。

「エーゲ海沿岸都市イオニアにおけるイソノミア(無支配)という思想」

講師:柄谷 行人 先生
紹介者:平野 貞夫 先生

 

第7回 エーゲ海沿岸都市イオニアにおける イソノミア(無支配)という思想
http://www.jomon.or.jp/2013/08/02/エーゲ海沿岸都市イオニアにおける-イソノミア-無支配-という思想/

縄文未来塾

エーゲ海沿岸都市イオニアにおけるイソノミア(無支配)という思想

 

前7世紀頃、エーゲ海の沿岸都市イオニアには奴隷が存在せず、イソノミア(無支配)の都市であった。移動の自由があり、個人は自由であるがゆえに平等だった。アテネのデモクラシーはイオニアのイソノミア(無支配)の再建の企てであった。アテネのデモクラシーが現代の議会制民主主義につながっているとすれば、イオニアのイソノミアはそれを超えるようなシステムへの鍵となるはずである。

講 師: 柄谷 行人 先生

紹介者: 平野 貞夫 先生(国際縄文学協会理事・元参議院議員)

日 時: 平成25年10月18日(金)開場17:30 開始18:00 終了20:00

参加費: 無料

会 場: NPO法人国際縄文学協会事務所

お問い合わせ

TEL: 03-3591-7070

FAX: 03-3591-7075

メール

9:00-17:00(土・日・祝休)

多くのお申し込みをいただきありがとうございます。

定員に達したため事前予約は締め切っております。
あらかじめご了承ください。

 

柄谷 行人 からたに こうじん

兵庫県出身。

東京大学経済学部卒業。同大学大学院英文学修士課程修了。 1969年、「〈意識〉と〈自然〉――漱石試論」(『群像』1969年06月号)で第12回群像新人文学賞受賞。文芸批評家として出発する。1975年から1977年までイエール大学東アジア学科客員教授として渡米。1985年、『マルクスその可能性の中心』により亀井勝一郎賞受賞。2001年には(株)批評空間を結成し、同社から第III期『批評空間』を刊行。1996年、『坂口安吾と中上健次』により第7回伊藤整文学賞受賞。2000年、「資本と国家への対抗運動」NAM(New Associationist Movement)を立ち上げる。近畿大学国際人文科学研究所所長、コロンビア大学比較文学科教授。

著書:

『マルクスその可能性の中心』-講談社/『世界共和国へ-資本=ネーション=国家を超えて』-岩波書店

『トランスクリティークーカントとマルクス』-岩波書店/『世界史の構造』-岩波書店

『哲学の起源』-岩波書店  ...他多数

平野 貞夫 ひらのさだお

高知県出身。

1958年、法政大学法学部法律学科卒業。1959年、衆議院事務局に就職。1960年、法政大学大学院修士課程修了。1965年衆議院副議長(園田直)秘書。1973年、 衆議院議長(前尾繁三郎)秘書に命ぜられる。1989年および1992年、衆議院委員部長に命ぜられる。1992年、参議院議員当選(第16回通常選挙―高知県選出)。1998年、自由党結成に参加、自由党副幹事長に就任、参議院議員当選(第18回通常選挙―比例選出)。1999年、参議院法務委員会理事、演歌「神楽坂」・「竜馬賛歌」作詞。2000年、東日本国際大学講師、2002年、憲法調査会委員、2003年、東日本国際大学客員教授。民主・自由合併に伴い、民主党に入党する。2004年 参議院議員を引退以降、政治評論・執筆活動の傍らで、日本一新運動を進める。「日本一新の会」代表。

主な著作

『「国会新時代」への提言 : 政治改革はいかにして可能か』 月書房 1992年、『消費税制度成立の沿革』 ぎょうせい、1993年、『小沢一郎との二十年 : 「政界再編」舞台裏』 プレジデント社 1996年、『日本人と憲法と自由党』(樋高剛との共著) プレジデント社 2000年、

『昭和天皇の「極秘指令」』 講談社 2004年、 『公明党・創価学会の真実』・『公明党・創価学会と日本』 講談社 2005年、 『平成政治20年史』(幻冬舎新書105) 幻冬舎 2008年、 『小沢一郎 完全無罪 「特高検察」が犯した7つの大罪』 講談社 2010年、他多数
Download
第7回縄文未来塾.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [817.4 KB]

始めに戻る


 キャンペーンバナー。

「汚染水ダダ漏れ日本の五輪召致馬鹿騒ぎ糾弾」バナー、Oh No OSENSUI. Tokyo is Unworthy of 2020 Olympic.
↓click, popup & enlarge anime
「汚染水ダダ漏れ日本のオリンピック召致馬鹿騒ぎは世界の恥さらし」バナー


 気象庁の震央分布図(→頁アーカイブ)、こんな所で原発なんて危険きわまりない(石橋克彦氏、地震学)。汚染水ダダ漏れだからオリンピック開催もふさわしくない。( Japan is situated in a volcanic zone on the Pacific Ring of Fire. It's also located near major tectonic plate boundaries, where's an un-wise place for 54 reactors. and now Osensui is not under control. So Japan and Tokyo is Unworthy of 2020 Olympic Games. )。震央分布図がある新頁

(Epicenter distribution map)
W

 

↓「カルト宗教 統一協会のお友だち こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー。

 クリックすると拡大します。ブログに貼れる370pxのサイズです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。
「カルト宗教 統一協会に応援され(笑) こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー


2006/06 Japanese Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe(2005/10/31 - 2006/9/26 ; Prime Minister 2006/9/26 - 2007/9/26, 2012/12/26 - )sent a message to Moonie's mass wedding blessing ceremony. Abe have appeared on cover page of cult Unification Church's monthly magazine "SEKAI SHISO". Moonie also support Shinzo Abe.

 

 「3経済団体代表者によるごり押し圧力と、元々原発推し進めた自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー。
「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


 クリックで拡大するバナーのタグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。ブラウザがFirefoxなら、その取得したタグを「HTMLの編集」画面に貼りつけます。

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

|

« 特定秘密保護法案の本質的な問題は何一つ解決していない(ビデオニュース・コムの動画) | トップページ | 秘密保護法案の真意とアメリカ秘密保護制度との対比、秘密保護法の真意は公安権限の拡大にある(最新必見ドットコム動画2本) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柄谷行人さんの講演を益々聴きたくなりました。:

« 特定秘密保護法案の本質的な問題は何一つ解決していない(ビデオニュース・コムの動画) | トップページ | 秘密保護法案の真意とアメリカ秘密保護制度との対比、秘密保護法の真意は公安権限の拡大にある(最新必見ドットコム動画2本) »