« 「福島第一原発 港外の海水からセシウム初検出」関連記事採録。 | トップページ | 特定秘密保護法案の本質的な問題は何一つ解決していない(ビデオニュース・コムの動画) »

2013年10月14日 (月)

「小泉元首相が、脱原発で新党構想 細川護煕氏と連絡取り合い協力も」ん? 取り敢えず記事採録。

 小泉元首相はさておき、細川護煕さんは、3年前の2010年6月11日(金)『不東庵 創作の奇跡 細川護煕展』を似顔絵@nigaoeと日本橋三越に見に行き、突然のギャラリートークと、サイン会で購入したての『内訟録』にサインをして頂き握手して以来のファン

 今話題の、オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史(8)に出て来るように(2分50秒の所から)、ゴリゴリの保守主義者と思われていたニクソンが変身するような例もあります。ここは細川護煕さんがからんでいる事もあり、取り敢えず小泉元首相の記事を採録しておき、注意深くウォッチしていこうと思います。

 

小泉元首相、「脱原発」新党構想 安倍首相に圧力 細川氏と連絡取り合い協力も (1/3ページ)
2013.10.12
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131012/plt1310120720000-n1.htm
魚拓

Plt1310120720000p1
「脱原発」を打ち上げた小泉元首相。政界再編のきっかけになるのか

Plt1310120720000p2 細川護煕氏


★鈴木哲夫の核心リポート

 小泉純一郎元首相が「脱原発」論をブチ上げたことが波紋を広げている。安倍晋三政権がアベノミクスや東京五輪招致などで高い支持を得るなか、存在感が示せなかった野党陣営に反撃のきっかけを与えそうなのだ。「脱原発=日本の産業を空洞化させ、経済を停滞させる」と指摘する識者も多いが、永田町では、小泉氏を旗頭とした「新党構想」まで流れ出した。ジャーナリストの鈴木哲夫氏が衝撃の核心に迫った。

 「驚いた。(脱原発への熱意が)みなぎっているというか、興奮して話が途切れないんだ」

 野党幹部は先月中旬、都内での宴席で会った小泉氏についてこう語り、続けた。

 「ちょうど、脱原発発言が新聞に出た直後だった。小泉さんの隣席が空いたのであいさつに行ったら、『おぉ~、あなたも脱原発だよな。原発を止めるタイミングは今しかないんだよ』って」

 小泉氏は8月に脱原発のドイツと、原発推進のフィンランドを視察したことを話し、「あれ(=原発ゼロ)しかないんだよ」と語ったという。

 永田町が驚いた小泉氏の「脱原発」発言は、8月26日の毎日新聞に始まり、9月24日と10月1日の講演でも続いた。「原発ゼロと政治が決断するのはいま」と主張したのだ。これを、政界引退した元首相の「大所高所からの意見」と思ったら大間違いだ。

(2/3ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131012/plt1310120720000-n2.htm
魚拓

 シンクタンク代表は「小泉さんは、脱原発を主張している野党幹部や、シンクタンク研究員、原発や再生エネルギーの技術者、有識者、官僚OBらに自ら声をかけて、会っている。そして、その場では『脱原発を軸にした政界再編』について話し合っている」と明かす。

 掛け声だけで一向に進まなかった野党再編だが、脱原発で「この指とまれ」にして、一気に白か黒か2つに分けよう-という考えだ。

 小泉氏の真意を、自民党のベテラン議員はこう語る。

 「あくまで、小泉さんは自民党の政治家で、安倍政権を応援している。だが、『脱原発しかない』という信念も持っている。安倍首相が決断しないなら強硬策しかないと。つまり、強力な反原発野党を作ってプレッシャーをかけて、政策変更させる。いわば『弟子を思っての荒業』だ。ただ、小泉さんの怖いところは、安倍首相がそれを感じ取れないなら、本気で野党側に立って戦う覚悟があるということ。そこまで決めての行動とみていい」

 小泉氏の動きに呼応するように、意外な名前が浮上してきた。細川護煕元首相だ。前出のシンクタンク代表がいう。

 「細川さんは先月末、専門家など数人と会って『脱原発』の可能性を探っている。もともと、細川さんは脱原発論者だが、タイミングや内容から、専門家は『小泉さんと連絡を取っているようだ』と語っていた」

 小泉、細川両氏をよく知る野党幹部が解説する。

(3/3ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131012/plt1310120720000-n3.htm
魚拓

 「2人が再びバッジをつけることはないが、連絡を取り合って野党再編の話をしているようだ。顧問的な立場で『脱原発』についてメディアなどで訴え、実動部隊は現役の野党議員というイメージだ。実際、私を含め野党幹部数人が、こうしたシミュレーションで連絡を取りながら、勉強会旗揚げの準備に入っている」

 小泉、細川両氏が後ろ盾となる「脱原発新党」が誕生すれば、確かに、世論の関心を高められそうだ。

 「こうなると、安倍政権も『脱原発』に舵を切らざるを得ないかもしれない。小泉さんは目的達成となり、新しい二大政党が続いていく。切らないなら、徹底して攻める側でやるだろう」(前出のベテラン議員)

 にわかに動向が注目され出した小泉氏は「もう国会議員には戻らないが、いつか本舞台で何かやってみたい」と周囲に話しているという。

 それが「脱原発」という歴史的転換なのか。小泉氏は今月以降も、講演などを控えている。

 ■鈴木哲夫(すずき・てつお) 1958年、福岡県生まれ。早大卒。テレビ西日本報道部、フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経て、現在、フリージャーナリスト。著書に「政党が操る選挙報道」(集英社新書)、「汚れ役」(講談社)、「最後の小沢一郎」(オークラ出版)など多数。

始めに戻る


 キャンペーンバナー。

「汚染水ダダ漏れ日本の五輪召致馬鹿騒ぎ糾弾」バナー、Oh No OSENSUI. Tokyo is Unworthy of 2020 Olympic.
↓click, popup & enlarge anime
「汚染水ダダ漏れ日本のオリンピック召致馬鹿騒ぎは世界の恥さらし」バナー


 気象庁の震央分布図(→頁アーカイブ)、こんな所で原発なんて危険きわまりない(石橋克彦氏、地震学)。汚染水ダダ漏れだからオリンピック開催もふさわしくない。( Japan is situated in a volcanic zone on the Pacific Ring of Fire. It's also located near major tectonic plate boundaries, where's an un-wise place for 54 reactors. and now Osensui is not under control. So Japan and Tokyo is Unworthy of 2020 Olympic Games. )。震央分布図がある新頁

(Epicenter distribution map)
W

 

↓「カルト宗教 統一協会のお友だち こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー。

 クリックすると拡大します。ブログに貼れる370pxのサイズです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。
「カルト宗教 統一協会に応援され(笑) こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー


2006/06 Japanese Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe(2005/10/31 - 2006/9/26 ; Prime Minister 2006/9/26 - 2007/9/26, 2012/12/26 - )sent a message to Moonie's mass wedding blessing ceremony. Abe have appeared on cover page of cult Unification Church's monthly magazine "SEKAI SHISO". Moonie also support Shinzo Abe.

 

 「3経済団体代表者によるごり押し圧力と、元々原発推し進めた自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー。
「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


 クリックで拡大するバナーのタグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。ブラウザがFirefoxなら、その取得したタグを「HTMLの編集」画面に貼りつけます。

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

|

« 「福島第一原発 港外の海水からセシウム初検出」関連記事採録。 | トップページ | 特定秘密保護法案の本質的な問題は何一つ解決していない(ビデオニュース・コムの動画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「小泉元首相が、脱原発で新党構想 細川護煕氏と連絡取り合い協力も」ん? 取り敢えず記事採録。:

» 再び、“生の六道”嵯峨・薬師寺(前編) @ 京都妖怪探訪(309) [小路のヲタク草紙]
[画像]  どうも、こんにちは。  シリーズ前回でも予告しましたが、今回は“生の六道”と言われる京都・嵯峨の薬師寺を訪れます。  本シリーズでも時々取り上げたことのある、「あの世とこの世とを自在に行き来できた」などの伝説を持つ異能の天才・小野篁(おののたかむら)。  その小野篁が地獄へと通った入り口としたのが、京都・東山にある六道珍皇寺にある冥土通いの井戸(※本シリーズ第29回等を参照)。  そして、この世への帰り道として使ったと伝えられる井戸が2つあります。ひとつが、同じく六道珍皇寺で近年に... [続きを読む]

受信: 2013年10月29日 (火) 14時02分

« 「福島第一原発 港外の海水からセシウム初検出」関連記事採録。 | トップページ | 特定秘密保護法案の本質的な問題は何一つ解決していない(ビデオニュース・コムの動画) »