« (ビデオニュース・コム)【5金スペシャル・PART1 PART2】倉沢愛子氏:映画は歴史的悲劇をどう描いたのか | トップページ | 「児童ポルノ禁止法改正案が衆院で可決・単純所持への罰則規定の影響とは」「記者の情報源の秘匿は法的に保護されるべきか」 »

2014年6月 5日 (木)

【遠隔操作ウイルス事件】新たな真犯人メールの送り主は片山さんではない・再び届いた真犯人メールの謎を佐藤弁護士が解き明かす

【遠隔操作ウイルス事件】新たな真犯人メールの送り主は片山さんではない・再び届いた真犯人メールの謎を佐藤弁護士が解き明かす
videonewscom
http://youtu.be/QnU0rSi6gzI

2014/06/02 に公開

概要:
http://www.videonews.com/
プレスクラブ (2014年06月02日)
遠隔操作ウイルス事件
新たな真犯人メールの送り主は片山さんではない
再び届いた真犯人メールの謎を佐藤弁護士が解き明かす
 遠隔操作ウイルス事件の真犯人を名乗るメールが6月1日未明、報道機関などに届いたことを受けて、片山祐輔被告の弁護人の佐藤博史弁護士は2日、片山被告との接見後に記者会見を見き、今回届いたメールの送り主は片山氏ではないとの見方を示した。
 佐藤弁護士によると、片山氏自身もメールの送付を否定しているという。
 1日の未明に送られてきたメールでは、片山氏が送ったとされる5月16日の真犯人メールは、遠隔操作によって得たプライベートな情報を暴露すると脅すことで片山氏に送信させたものであり、片山氏は事件の真犯人ではないとしていた。
 しかし、佐藤弁護士は片山氏が犯行を認めて以降、遠隔操作の手口など犯人しか知り得ない情報を多く聞いていたことを理由に、「片山さんが犯人であることはまちがいない」と語った。
 また、メールの送り主について佐藤弁護士は、片山氏が5月16日に送ったメールには、片山氏がアドレスを手入力したために一部アドレスに間違いがあるとされており、もし今回送られてきたメールの宛先にも同じ間違いがあれば、メールの送り主はかなり絞り込むことができると述べた。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、に参戦中。

 

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープル、主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久

原子炉時限爆弾 広瀬 隆

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章

|

« (ビデオニュース・コム)【5金スペシャル・PART1 PART2】倉沢愛子氏:映画は歴史的悲劇をどう描いたのか | トップページ | 「児童ポルノ禁止法改正案が衆院で可決・単純所持への罰則規定の影響とは」「記者の情報源の秘匿は法的に保護されるべきか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遠隔操作ウイルス事件】新たな真犯人メールの送り主は片山さんではない・再び届いた真犯人メールの謎を佐藤弁護士が解き明かす:

« (ビデオニュース・コム)【5金スペシャル・PART1 PART2】倉沢愛子氏:映画は歴史的悲劇をどう描いたのか | トップページ | 「児童ポルノ禁止法改正案が衆院で可決・単純所持への罰則規定の影響とは」「記者の情報源の秘匿は法的に保護されるべきか」 »