« (ビデオニュース・コム)東電株主代表訴訟原告・大飯原発差止判決で電力会社の注意義務は確立されている | トップページ | (ビデオニュース・コム)冤罪被害者らが法制審の答申を厳しく批判 法制審の答申を受けて村木厚労次官や周防正行監督ら5委員が会見 »

2014年7月10日 (木)

【遠隔操作ウイルス事件】何人もの人生を変えた責任をきちんと取ってほしい・誤認逮捕された被害者が法廷で証言

【遠隔操作ウイルス事件】何人もの人生を変えた責任をきちんと取ってほしい・誤認逮捕された被害者が法廷で証言
videonewscom
http://youtu.be/CVeLk9rOPAY

2014/07/09 に公開

概要:
http://www.videonews.com/
プレスクラブ (2014年07月09日)
遠隔操作ウイルス事件
何人もの人生を変えた責任をきちんと取ってほしい
誤認逮捕された被害者が法廷で証言
 他人のパソコンを遠隔操作してインターネット上に殺害予告などの脅迫文を書き込んだとして威力業務妨害などの罪に問われている片山祐輔被告の裁判が7月9日、東京地裁で行われ、脅迫文を書き込んだ疑いがかけられ誤認逮捕された男性や、児童を殺すなどの脅迫文を書き込まれた小学校の校長らが法廷で証言した。
 続いて、片山氏自身が証言台に立ち、2005年に片山氏がネット上にレコード会社の社長夫妻らの殺害予告を書き込んで逮捕され有罪判決を受けた「のまねこ事件」について、当時の状況や、その後約1年半の服役を経て、再び今回の犯行に至った経緯などについて、詳細に語った。
 公判後、片山氏の弁護人の佐藤博史弁護士らが記者会見を行い、ウイルス作成罪での追起訴や片山氏自身が5月に送り付けた真犯人メールに対する追起訴などは行わない方針が検察側から伝えられたことを明らかにした。これで片山氏に対する検察の捜査は事実上終結したことになる。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、に参戦中。

 

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープル、主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久

原子炉時限爆弾 広瀬 隆

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章

|

« (ビデオニュース・コム)東電株主代表訴訟原告・大飯原発差止判決で電力会社の注意義務は確立されている | トップページ | (ビデオニュース・コム)冤罪被害者らが法制審の答申を厳しく批判 法制審の答申を受けて村木厚労次官や周防正行監督ら5委員が会見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遠隔操作ウイルス事件】何人もの人生を変えた責任をきちんと取ってほしい・誤認逮捕された被害者が法廷で証言:

« (ビデオニュース・コム)東電株主代表訴訟原告・大飯原発差止判決で電力会社の注意義務は確立されている | トップページ | (ビデオニュース・コム)冤罪被害者らが法制審の答申を厳しく批判 法制審の答申を受けて村木厚労次官や周防正行監督ら5委員が会見 »