« 馬上丈司氏:岐路に差し掛かった今こそ地域密着型発電の推進を 大林ミカ氏:買い取り中断で再エネの推進を止めてはならない | トップページ | (ビデオニュース・コム)【遠隔操作ウイルス事件】「検察はもっと早く片山氏に到達できた」弁護人が証人として出廷 »

2014年10月19日 (日)

(ビデオニュース・コム)美濃加茂市長贈収賄事件・間接証人の証言は贈賄の証拠になるか

美濃加茂市長贈収賄事件・間接証人の証言は贈賄の証拠になるか
videonewscom
http://youtu.be/FjrWVPFfGwQ

2014/10/18 に公開

概要:
http://www.videonews.com/
2014年10月16日
美濃加茂市長贈収賄事件
間接証人の証言は贈賄の証拠になるか
 雨水浄水設備の導入を巡り、30万円の賄賂を受け取ったとして受託収賄罪などに問われ­た岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長の第5回公判が10月16日、名古屋地裁で開かれ、­市長に賄賂を渡したと証言する浄水設備の設置業者社長の中林正善氏の供述の信用性を補­強する目的で検察側の証人2人が出廷した。
 一人は、名古屋市の太陽光パネル設置業者で、中林氏が美濃加茂市の市立中学に設置した­浄水設備を案内した際に、「渡すものは渡しているから」と打ち明け、当時市議だった藤­井氏に賄賂を渡していることを仄めかしていたと証言した。
 二人目は、中林氏が藤井氏に渡す賄賂の原資を借りたとしている人物で、中林氏からは藤­井氏への賄賂目的を理由に資金提供を依頼されたと証言した。
 藤井氏の主任弁護人の郷原信郎弁護士は公判後の記者会見で、「あのような証言で中林証­言を補強しようと考えること自体が無茶苦茶。よほど証拠がなく、検察官が困り果てた末­に苦し紛れの証人尋問を2つやっただけと考えている」と検察証人の妥当性に疑問を示し­た。

 

美濃加茂市長贈収賄事件・食事の同席者と店の店長が出廷
videonewscom
http://youtu.be/0qxNWC56Rbs

2014/10/18 に公開

概要:
http://www.videonews.com/
2014年10月19日
美濃加茂市長贈収賄事件
食事の同席者と店の店長が出廷
 雨水浄水設備の導入をめぐり30万円の賄賂を受け取ったとして受託収賄罪などに問われ­た岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長の第4回公判が10月8日、名古屋地裁で開かれ、市­長が賄賂を受け取った現場とされている店の店長と、その場に同席していた人物がそれぞ­れ証言台に立った。
 浄水設備の設置業者社長の中林正善氏は、会食の場で藤井氏に現金の入った封筒を渡した­と証言しているが、食事の同席者は一貫して金の受渡しは見ていないと主張していること­から、この日の公判では、同席者が席を外した機会があったかどうかが、大きな争点とな­った。
 主任弁護人の郷原信郎弁護士は公判後に記者会見し、現金の受け渡しは見ていないと証言­する証人に対して、「絶対か、絶対か」と詰問する検察の姿勢を批判した。また、店長の­2013年4月当時の店の様子についての証言は曖昧で、「本件の立証には影響がない証­人」だと語った。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、に参戦中。

 

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープル、主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久

原子炉時限爆弾 広瀬 隆

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章

|

« 馬上丈司氏:岐路に差し掛かった今こそ地域密着型発電の推進を 大林ミカ氏:買い取り中断で再エネの推進を止めてはならない | トップページ | (ビデオニュース・コム)【遠隔操作ウイルス事件】「検察はもっと早く片山氏に到達できた」弁護人が証人として出廷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (ビデオニュース・コム)美濃加茂市長贈収賄事件・間接証人の証言は贈賄の証拠になるか:

« 馬上丈司氏:岐路に差し掛かった今こそ地域密着型発電の推進を 大林ミカ氏:買い取り中断で再エネの推進を止めてはならない | トップページ | (ビデオニュース・コム)【遠隔操作ウイルス事件】「検察はもっと早く片山氏に到達できた」弁護人が証人として出廷 »