« 2016年7月の小出裕章ジャーナルなど&自由なラジオ Light UP! | トップページ | マル激放送800回記念トークライブ「何でもあり」への抗いのすすめ&相模原障害者殺傷事件・日本社会の中に潜む事件の遠因を考える »

2016年8月 2日 (火)

日刊ゲンダイ(2016年7月28日から8月2日)都知事選関連+その他気になる記事をいくつかまとめ読み。

 以下、Twitter埋め込みの日刊ゲンダイの記事です。拡大しなくても読める記事(1件)以外の記事はすべて埋め込みTwitterの上に「拡大・スクロールして見るなら」とリンク表示し、読めるようにしておきました

 

福島第1原発「凍土壁」の失敗で東京五輪返上が現実味」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/758195634386067456

↑↓このツイの記事

永田町の裏を読む
福島第1原発「凍土壁」の失敗で東京五輪返上が現実味
2016年7月28日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186504

9b137330f5b7be3d6ae0c44df5ea8318201
6月のタービン建屋の浸水(東京電力提供)

 7月19日に開かれた原子力規制委員会の有識者会合で、東京電力が福島第1原発の汚染水対策の決め手となるはずだった「凍土壁」建設が失敗に終わったことを認めた。本来なら各紙1面トップで報じるべき重大ニュースだが、ほとんどが無視もしくは小さな扱いで、実は私も見落としていて、民進党の馬淵澄夫の25日付メルマガで知って慌てて調べ直したほどだ。

 これがなぜ重大ニュースかというと、安倍晋三首相は13年9月に全世界に向かって「フクシマはアンダー・コントロール。東京の安全は私が保証する」と見えを切って五輪招致に成功した。これはもちろん大嘘で、山側から敷地内に1日400トンも流れ込む地下水の一部が原子炉建屋内に浸入して堆積した核燃料に触れるので、汚染水が増え続ける。

 必死で汲み上げて林立するタンクにためようとしても間に合わず、一部は海に吐き出される。そうこうするうちにタンクからまた汚染水が漏れ始めるという、どうにもならないアウト・オブ・コントロール状態だった。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/186504/2
 それで、経産省が東電と鹿島に345億円の国費を投じてつくらせようとしたのが「凍土壁」で、建屋の周囲に1メートルおきに長さ30メートルのパイプ1568本を打ち込んで、その中で冷却液を循環させて地中の土を凍結させて壁にしようという構想だった。

 しかしこの工法は、トンネル工事などで一時的に地下水を止めるために使われるもので、これほど大規模な、しかも廃炉までの何十年もの年月に耐えうる恒久的な施設としてはふさわしくないというのが多くの専門家の意見で、私は14年1月に出した小出裕章さんとの共著「アウト・オブ・コントロール」(花伝社)でこれを強く批判していた。馬淵もこの問題を何度も国会質問で取り上げて、別のやり方への転換を主張してきた。

 凍土壁は6月にほぼ完成したが、汚染水がなかなか減らず、規制委は「壁になりきらず、隙間だらけで地下水が通り抜けているのでは」と疑問を突きつけた。慌てた東電は「凍土が形成されていないかもしれない箇所にセメントを流し込む」などの弥縫策をとったが、やはりダメで、19日の会合でついに「完全遮蔽は無理」と告白した。つまり、安倍の大嘘を後付けのにわか工事で隠蔽しようとした政府・東電のもくろみは失敗したということである。

 これが国際的に知れ渡れば、リオのジカ熱どころではない、選手の参加取りやめが相次ぐに決まっている。東京五輪は返上するしかないのではないか。

 

↓「ほとんど思いつきに見える小池知事の公約」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/760377631703347200

 

↓「野党共闘フイにする【鳥越惨敗】ウラA級戦犯 懲りない面々」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/760372019443576832

 

https://twitter.com/Trapelus/status/760369096714182656

 

↓「【小池 初登庁】都議会あいさつ回り 自民 つれない仕打ち ドンも姿を見せず」「【さあ新知事のお手並み拝見】五輪「選手村」予定地 【都民の共有資産】222億円の穴があく」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/760368124868702208

https://twitter.com/Trapelus/status/760367368505655296

 

↓「【「二階幹事長」で一気に現実味】改憲に向けてまっしぐら 11月解散シナリオ」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/760363793620672512

 

↓「日銀が踏み込んだ悪魔の選択 なぜこんな暴挙が黙認容認されるのか」の記事を拡大・スクロールして見るなら

↓「万策尽きてバブルを招く悪魔の選択にすがる」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/760363056186597376

 

↓「橋下維新 恐々【暴走が始まった】上西議員がバクロするカネとスキャンダル ツイッターで次々」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/760004754646847488

 

↓「【GPIF 大損なのに】国家公務員共済は安全運転で運用益」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/760003452281819136

 

↓「風が吹いたらお休みで雪が降ったらオシマイだ【行くに行けない豊洲市場】」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/759295940947611649

 

↓「市場は追加緩和に失望しただけ 現実味を帯びてきた日銀黒田総裁の「散り際」 安倍政権に三くだり半で」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/759293676438769664

 

↓「巷に溢れる小池圧勝予想を徹底検証 怪しい世論調査と醜聞報道は謀略なのか」の記事を拡大・スクロールして見るなら

↓「改憲勢力とカルト右翼の高笑いが鳴り響く」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/759292680518021120

 

↓「沖縄高江が「警察国家」となっている」の記事を拡大・スクロールして見るなら

https://twitter.com/Trapelus/status/758927135587258369

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、に参戦中。

 

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープル、主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久

原子炉時限爆弾 広瀬 隆

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章

|

« 2016年7月の小出裕章ジャーナルなど&自由なラジオ Light UP! | トップページ | マル激放送800回記念トークライブ「何でもあり」への抗いのすすめ&相模原障害者殺傷事件・日本社会の中に潜む事件の遠因を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日刊ゲンダイ(2016年7月28日から8月2日)都知事選関連+その他気になる記事をいくつかまとめ読み。:

« 2016年7月の小出裕章ジャーナルなど&自由なラジオ Light UP! | トップページ | マル激放送800回記念トークライブ「何でもあり」への抗いのすすめ&相模原障害者殺傷事件・日本社会の中に潜む事件の遠因を考える »