« 「【安倍晋三記念小学校】やっぱり大量のゴミはなさそうだ 航空写真で検証」の過去写真に分かりやすく敷地周囲トレース線追加。 | トップページ | 安倍昭恵は最初から関与していた。動画や画像や年表で確認できる。 »

2017年3月28日 (火)

Libérationの記事から「安倍晋三はなぜ新たなスキャンダルに巻き込まれたのか?」

 内田樹さんのエントリから。仏紙Libérationの記事。内田樹さんのでは段落分けしていなかったので、仏紙Libération元記事に合わせて段落分けした。また、内田樹さんのではなかったが、元記事にあった表題を丸括弧内に追加した。

 これだけ書かれると、普通の神経を持っている人間なら恥ずかしくてもう国外には行けないはずだが。いまだに“外交の安倍気どり”で外に出ている。安倍というのは相当面の皮が厚いのか、底抜けの馬鹿。

 

2017.03.25
Libérationの記事から
http://blog.tatsuru.com/2017/03/25_1008.php

フランスの左派系メディア『リベラシオン』は森友学園事件について3月23日に次のように伝えている。事件の全貌と歴史的背景を簡潔かつ正確にまとめている。

「安倍晋三はなぜ新たなスキャンダルに巻き込まれたのか?」

物語は延々と終わらずに続いている。無敵と思われた安倍晋三の任期5年目をスキャンダルの雲が覆っている。彼の妻、安倍昭恵を衆目にさらし、彼の防衛相を無力化したこのスキャンダルの影響は財務省にも及んでいる。
この長く、気違いじみた一日は首相が2012年の彼の政権復帰以来最大の政治的危機に遭遇したことを示した。そして、人々の疑問は決定的な問いのレベルに達しようとしている。「安倍晋三と彼の妻は嘘をついているのか、それとも彼らは利用されたのか?」

証人喚問はこの国家的事件の核心部分である。二月以来長く続くスキャンダルに材料を提供してきたのは籠池泰典という興味深い人物の繰り返される言明である。ナショナリストの私立機関である森友学園という学校法人の理事長であるこの人物は木曜に証人宣誓の下2015年9月15日に、首相の妻である安倍昭恵から寄付を受け取ったと証言した。これは彼が問題の多い条件で獲得された国有地に建設していた小学校への財政的支援のためのものであった。

「彼女は封筒に入った100万円(8260ユーロ)を手渡し、『どうぞ、これは安倍晋三からです』と言った」と籠池泰典は国会の委員会の席上で言明した。この様子は同日複数のチャンネルでテレビ生中継された。
彼の聴き取りにあたった議員たちは再三議会で偽証した場合には偽証罪に問われ訴追されると念押しをした。籠池はまばたきもせずに「私ははっきりと記憶しております。私たちにとってたいへん名誉なことですから」と語った。

安倍晋三とその周辺は籠池の申し立てを必死になって否定している。というのは、首相は二月中旬国会で追いつめられたときに「もし私の妻あるいは私がこの件(何らかの寄付あるいは土地の取得)に関与していたことが明らかになったら、私は総理大臣も国会議員も辞職する」と言明していたからである。

巨大リベート
安倍夫妻はしかし2月9日から始まったこの事件に無関係ではない。その日、朝日新聞は森友学園が国から大阪府内の8770平方メートルの土地を1億3400万円(111万ユーロ)で取得したという調査結果を伝えたが、これは政府が査定した土地価格の10分の1であった。驚くべきこの値引きはこの土地に産業廃棄物が埋められており、除去が必要だからということによって部分的に説明された。しかしこの説明は財務省からの政治的圧力が森友学園への土地払下げを有利に運んだのではないかという疑惑のすべてを解消するには至らなかった。

この取引が関心を引き付けたのは、首相の妻である安倍昭恵がこの学校の名誉校長になる予定だったからである。2015年9月5日、彼女は森友学園が経営する幼稚園に講演に招かれていた。スキャンダルが広がると彼女はこの職を辞した。安倍晋三はこの小学校が彼の名前を冠することを拒否したが、2007年に打ち続くスキャンダルと選挙の惨敗のあと政権を放り出すことになった事件の再演を恐れたのである。安倍夫妻は以後森友学園と籠池泰典と距離をとっている。

しかし、首相は過去に籠池とイデオロギー的意見を共にすると宣言していた。籠池泰典は安倍の周辺に集まる人脈に連なっている。彼は日本会議のメンバーであるが、これは日本における最強のナショナリスト・ロビーの一つである。全国48都道府県に35000人の会員を擁するこの運動は1997年に創設され、国会議員のうち300人、地方議会の1700人の議員がこれに加盟している。安倍も、麻生太郎財務相も、稲田朋美防衛相も日本会議の会員である。
この稲田防衛相もスキャンダルに翻弄されている。彼女は弁護士として2004年に森友学園のために弁護活動をしていたが、この事実を彼女は最近になって記憶の欠如を認めるまでは否定していた。

洗脳…
きわめて強い影響力を持つ日本会議は「祖国と日本文化防衛」のために戦っており、「子どもたちが日本の歴史と伝統に誇りを持つことができるように、教育改革を行うこと」をめざしている。籠池は神道を経由して軍国主義へ向かう、歴史修正主義と伝統主義からなるこのイデオロギー的潮流に与している。「小学校を創設することは神から託されたミッションである」と彼は二月に毎日新聞に向かって語り、彼の学校が子どもたちに洗脳を行っていることを批判する人々につよい懸念を与えた。

森友学園が経営する幼稚園では、彼はきびしい規律を課し、教科は戦前の愛国主義に基づいている。園児たちは天皇の臣民としてふるまい、市民としてふるまってはならないと厳命されている。園児たちは19世紀に制定され、1945年の敗戦で失効した「教育勅語」を暗誦させられる。この勅語では「危機の時には国家のために勇敢に命を捧げること」と「天皇制の繁栄を維持すること」が推奨されている。親たちの一部は子どもたちが「安倍首相ばんざい」と叫び、2015年の国論を二分した安全保障関連法案の国会通過を奉祝したことにつよい不安を感じていた。それ以外にもこの幼稚園では反中国、反韓国的な発言もなされていた。
籠池は辞職した。しかし、物語は続いている。

  

Affaire d'Etat
Japon : pourquoi Shinzo Abe est rattrapé par un nouveau scandale
Par Arnaud Vaulerin, correspondant à Kyoto — 23 mars 2017 à 17:08
http://www.liberation.fr/planete/2017/03/23/japon-pourquoi-shinzo-abe-est-rattrape-par-un-nouveau-scandale_1557840

963329worldleadersgatherinnewyorkfo
Shinzo Abe, en septembre à New York. Photo Jewel Samad. AFP

Soupçonné d'intervention dans la vente à bas prix de terres publiques à une école privée nationaliste, le Premier ministre traverse sa plus grave crise politique depuis son retour au pouvoir en décembre 2012.

La saga n’en finit plus. Elle ternit la cinquième année du mandat de l’indétrônable Shinzo Abe, expose sa femme Akie Abe et fragilise sa ministre de la Défense, et par ricochet son ministre des Finances. Cette longue et folle journée de jeudi a démontré que le Premier ministre traversait sa plus grave crise politique depuis son retour au pouvoir en décembre 2012. Et que bientôt, le doute devra être levé sur une question cruciale : Shinzo Abe et son épouse ont-ils menti ou ont-ils été abusés ?

L’interrogation est au cœur de cette affaire d’Etat. Surtout avec les déclarations répétées de Yasunori Kagoike, un curieux personnage qui alimente un scandale à tiroirs depuis février. Directeur de l’association éducative Moritomo Gakuen, une organisation privée nationaliste, Kagoike a déclaré jeudi sous serment avoir reçu un don de Akie Abe, l’épouse du Premier ministre, le 5 septembre 2015, pour aider à financer une école primaire qu’il construisait sur des terrains publics acquis dans des conditions troubles.

À lire aussi :
Japon : Abe, les six visages d’une realpolitik

«Elle m’a donné un million de yens [8 260 euros, ndlr] dans une enveloppe et m’a dit "s’il vous plaît, c’est de la part de Shinzo Abe"», a déclaré Yasunori Kagoike devant des commissions parlementaires, dont les travaux tout au long de la journée ont été diffusés en direct par plusieurs chaînes de télévision. Les élus qui l’auditionnaient lui ont rappelé qu’il s’exposait à des accusations de parjure et des poursuites en cas de faux témoignages devant la diète. Kagoike n’a pas cillé : «Je me souviens clairement [du don] parce que c’était un tel honneur pour nous.»

Shinzo Abe et son entourage ont rejeté avec véhémence les allégations de Kagoike. Le Premier ministre est monté au créneau à la mi-février devant l’Assemblée : «Je démissionnerai de mes fonctions de Premier ministre et de parlementaire s’il s’avérait que ma femme ou moi avons été impliqués» dans un quelconque don ou l’acquisition des terrains.

Colossale ristourne
Le couple Abe n’est pourtant pas étranger à l’affaire qui démarre le 9 février. Ce jour-là, le quotidien Asahi Shimbun publie une enquête révélant que l’association Moritomo Gakuen a acheté à l’Etat une parcelle de 8 770 mètres carrés dans la préfecture d’Osaka pour 134 millions de yens (1,11 million d’euros), soit près de dix fois moins que son prix réel évalué par le gouvernement. La colossale ristourne s’expliquerait en partie par le fait que le terrain concerné renferme des déchets industriels qui doivent être évacués. Mais les explications ne lèvent pas tous les soupçons sur de possibles pressions politiques du ministère des Finances, notamment pour favoriser la vente à Moritomo Gakuen.

La transaction attire également l’attention parce que Akie Abe, l’épouse du Premier ministre, est appelée à devenir la directrice honoraire de l’école. Le 5 septembre 2015, elle avait déjà été invitée à prononcer un discours dans une maternelle gérée par Moritomo Gakuen. Mais quand le scandale prend de l’ampleur en février, elle démissionne. Shinzo Abe refuse que l’école porte son nom et craint par-dessus tout le remake de 2007 quand il avait dû jeter l’éponge après des scandales en rafale et une claque électorale. Le couple Abe prend donc ses distances avec Moritomo Gakuen et son directeur, Yasunori Kagoike.

Pourtant, le chef du gouvernement a déclaré qu’il partageait ses vues idéologiques. Car Yasunori Kagoike appartient à la galaxie d’Abe. Il est membre de Nippon Kaigi, la Conférence du Japon, l’un des lobbys nationalistes les plus puissants de l’Archipel. Fort d’au moins 35000 membres répartis dans les 47 préfectures de l’Archipel, ce mouvement créé en 1997 compte près de 300 parlementaires et 1 700 élus locaux. Abe, le ministre des Finances, Taro Aso, la ministre de la Défense, Tomomi Inada, y siègent. Cette dernière est d’ailleurs rattrapée par le scandale. Ancienne avocate, elle avait défendu Moritomo Gakuen en 2004. Ce qu’elle a nié récemment avant d’être confrontée à ses trous de mémoire.

Lavage de cerveaux…
Très influent, Nippon Kaigi milite pour la «défense de la patrie et de la culture japonaise» et entend «réformer l’éducation pour que les enfants puissent être fiers de l’histoire et de la tradition du Japon». Kagoike s’inscrit dans ce courant idéologique fait de révisionnisme et de traditionalisme où la religion fraye avec le militarisme. «Créer une école élémentaire est une mission divine», déclarait-il en février au Mainichi Shimbun, inquiétant un peu plus ceux qui critiquaient déjà le lavage de cerveaux chez de jeunes enfants.

A la maternelle gérée par Moritomo Gakuen, il a professé une discipline stricte et un programme scolaire fondé sur le patriotisme d’avant-guerre, qui enjoint les élèves à se comporter en sujet et non en citoyen. Les enfants sont tenus de réciter le rescrit, une ordonnance impériale du XIXe siècle – plus en vigueur depuis 1945 – qui recommande de «s’offrir courageusement à l’Etat en cas de danger» et de «maintenir la prospérité de notre trône impérial». Certains parents se sont également alarmés du fait que les bambins devaient souhaiter «bonne chance au Premier ministre Abe», et saluer sa loi controversée sur les secrets d’Etat en 2015. Quand ils n’entendaient pas des commentaires antichinois et anticoréens. Depuis Kagoike a démissionné, mais la saga continue.

Arnaud Vaulerin correspondant à Kyoto

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、に参戦中。

 

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープル、主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久

原子炉時限爆弾 広瀬 隆

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章

|

« 「【安倍晋三記念小学校】やっぱり大量のゴミはなさそうだ 航空写真で検証」の過去写真に分かりやすく敷地周囲トレース線追加。 | トップページ | 安倍昭恵は最初から関与していた。動画や画像や年表で確認できる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/65108504

この記事へのトラックバック一覧です: Libérationの記事から「安倍晋三はなぜ新たなスキャンダルに巻き込まれたのか?」:

« 「【安倍晋三記念小学校】やっぱり大量のゴミはなさそうだ 航空写真で検証」の過去写真に分かりやすく敷地周囲トレース線追加。 | トップページ | 安倍昭恵は最初から関与していた。動画や画像や年表で確認できる。 »