« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月21日 (火)

ビックリ、くちあんぐり⇒国道逆走で逮捕の男釈放 在宅捜査へ「速度違反で罰金を払いたくなくて逃げた」UHB 北海道文化放送

 時計台バス株式会社が提供したドライブレコーダーの映像を見ると、一目瞭然・間一髪で大事故になる所だったのが分かる。遥か右前方からレーンを斜めに横切り逆走車が近づいて来る時のバス運転手の「アーアー」の悲鳴、まさに命が縮む思いとはこの事、死者が出てもおかしくなかった。こんな出鱈目運転をした逆走車の小嶋幸彦は当然免許取り消し(行政処分)、悪質さを考慮するなら懲役刑もだ(刑事罰)。※

※参考:
車両通行帯(←Wikipedia)

交通違反後の免許停止・取り消しと、反則金・罰金処分の流れ

車の免許が取り消しになる理由とは?再取得についても知っておこう

  

国道逆走で逮捕の男釈放 在宅捜査へ「速度違反で罰金を払いたくなくて逃げた」 北海道
5/20(月) 19:10配信  北海道ニュースUHB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000011-hokkaibunv-hok

1分
(19/05/20 19:10)
https://www.youtube.com/watch?v=7RI6aGmeSLY

2019/05/20 に公開
UHB 北海道文化放送

 16日、北海道七飯町で軽乗用車が国道を逆走した事件で、警察は20日、道路交通法違反の疑いで逮捕した男を釈放しました。今後は在宅に切り替え、捜査を続ける方針です。

 この事件は16日、道南の七飯町の国道を軽乗用車で約1キロ逆走した50代の男が、道路交通法違反の疑いで18日、逮捕されたものです。

 警察は男から事情を聴いていましたが、20日午後、男を釈放しました。

 警察は一旦、交通違反として処理しましたが、今後も在宅で捜査を続ける方針です。

 男は逮捕後の調べで容疑を認めた上で、「速度違反で罰金を払いたくなくて逃げた」などと話しているということです。

 また、警察が追跡を中止したあと、再びUターンし、函館方面に向かったなどと供述したということです。

UHB 北海道文化放送

  

↑↓関連ツイートTwitter

https://twitter.com/28SOBA/status/1130620996958863361

  

https://twitter.com/28SOBA/status/1130622553427365888

  

 ↓以下、時計台バス株式会社のツイート

https://twitter.com/tokeidai_bus/status/1129328194207617024

  

https://twitter.com/28SOBA/status/1131065294674223105

  

国道逆走 53歳男を逮捕「取締り逃れようと」 北海道
2019年5月19日 4時38分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190519/k10011921241000.html

1分5秒
NHK ニュース
https://www.youtube.com/watch?v=3K2yqMPN1FU

2019/05/19 に公開

↑↓動画をキャプチャ。

45s 45秒の所。逮捕 道路交通法違反の疑い 北海道 鹿部町宮浜 自称・漁師 小嶋幸彦容疑者(53)
 

47s 47秒の所。小嶋容疑者 「取締りから逃れようと思って逆走した」容疑認める
 

今月16日、北海道七飯町の中央分離帯のある国道を、軽乗用車で1キロほど逆走してパトカーの追跡から逃走したとして、53歳の男が道路交通法違反の疑いで逮捕されました。

今月16日、北海道七飯町の国道で、警察の覆面パトカーがスピード違反の取締りのため軽乗用車に停止するよう求めましたが、軽乗用車は中央分離帯の切れ目から反対車線に入ったあと再び元の車線に戻って1キロほど逆走を続け、警察は危険と判断して追跡をやめ、行方を捜査していました。

その結果、車のナンバーなどから、隣接する鹿部町宮浜の自称 漁師、小嶋幸彦容疑者(53)を道路交通法違反の疑いで、18日夜、逮捕しました。

調べに対し「取締りから逃れようと思って逆走した」などと供述し、容疑を認めているということです。

これまでの調べで、軽乗用車は警察が追跡をやめてからも2キロほど逆走を続けていたということで、警察は詳しい経緯を調べています。

  

国道で軽乗用車が逆走 バスのドライブレコーダーに写る
KyodoNews
https://www.youtube.com/watch?v=HegDjukWf5I

2019/05/17 に公開

 ↑↓上記動画の記事。

国道で軽乗用車が逆走、北海道 ネットに動画
2019/5/17 23:12 (JST) ©一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/502120489814262881?c=39546741839462401

502121743340143713_origin_1 観光バスのドライブレコーダーに写る、北海道七飯町の国道を逆走しながらバスの前を横切る軽乗用車=16日(時計台バス提供)

 北海道七飯町の国道で16日に軽乗用車が逆走していたことが17日、北海道警への取材で分かった。別の車から撮影したとみられる動画がインターネット上に投稿され、軽乗用車がトラックや車を避けながら逆走を続ける様子が写っている。すれ違ったバスのドライブレコーダーには、軽乗用車が突然前を横切り、車内で悲鳴が上がる様子が記録されていた。

 軽乗用車は警察車両の追跡を振り切って逃走しており、道警は道交法違反の疑いで運転手の行方を追っている。逆走による事故はなかった。

  

北海道 国道 3km逆走
YARO YARU
https://www.youtube.com/watch?v=CysYIMy6VsA

2019/05/17 に公開

  

↓関連ツイートTwitter。

https://twitter.com/28SOBA/status/1129929340072804353

  

https://twitter.com/28SOBA/status/1129953540879921153

始めに戻る

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

公園で遊ぶ園児らに車突っ込む 保育士大けが(千葉県市原市五井中央西の梨ノ木公園)

 今回の千葉県市原市五井中央西の梨ノ木公園の砂場で起きた事故は、トヨタのプリウス(PRIUS)が起こした事故。先月4月19日に池袋で起きた「10人はねられ女児ら2人死亡 87歳が運転 池袋事故」と同じく、トヨタのプリウスだ。

  

公園で遊ぶ園児らに車突っ込む 保育士大けが
2019年5月15日 18時22分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190515/k10011916761000.html

動画 2分12秒

15日午前千葉県市原市の公園で、保育園児らが遊んでいる砂場に乗用車が突っ込み、園児をかばおうとした30代の保育士が足の骨を折る大けがをしました。

園児にけがはありませんでした。

警察は乗用車を運転していた65歳の男を過失運転傷害の疑いで逮捕し、事故の原因を調べています。

15日午前10時半前、千葉県市原市五井中央西の梨ノ木公園の砂場で近くの保育園の園児5人と保育士の女性2人が遊んでいたところ、乗用車が突っ込みました。

この際、30代の保育士の女性が近くにいた2歳の園児をかばおうとして車と接触し右足の骨を折る大けがをしました。

園児と別の保育士はいずれもけがはありませんでした。

車は近くのコインパーキングから急発進して公園に突っ込んだとみられ、警察は乗用車を運転していた市原市の泉水卓容疑者(65)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対し容疑を認め「コインパーキングを出ようとして、お金を支払うために車の中のパーキングチケットを取ろうとしたところ急発進した。ブレーキペダルを踏んでいたのでなぜ車が急発進したのかわからない」などと供述しているということです。

一方、大けがをした保育士の女性は警察に対し「急に車が来たので園児を守ろうと思い、とっさに突き飛ばした」と話しているということです。

現場の公園は車の進入を防ぐために金属製のチェーンで囲われていましたが、乗用車はチェーンの支柱をなぎ倒して砂場に突っ込んだということで、警察が事故の原因を調べています。

「あわやというところだった」

現場近くの店舗で働いている40代の男性は「ドカンという音がしたので見に行くと、砂場に乗用車が乗り上げていた。すぐそばに園児がいて、あわやというところだった。園児にけがはなかったと聞いているが、保育士は近くにうずくまり、動けないような状態だった。大津市で保育園児が被害に遭った事故から間もないこともあり、身近でこんなことが起きて、驚いている」と話していました。

「保育士が園児をかばったか」

公園で事故を目撃した40代の男性は「公園の目の前にあるコインパーキングから乗用車が出てくるなと思って見ていたら、バーが閉じたままの状態でいきなり発進し、そのまま公園の中の砂場に突っ込んだ。砂場では5、6人の園児が遊んでいたが保育士が園児を押すようにしてかばったように見えた。事故のあと現場は騒然として、園児の中には泣き出した子もいた。車を運転していた人は、事故のあと園児や保育士のところに駆け寄っていた」と話していました。

容疑者は「温厚でしっかりしている人」

乗用車を運転していた泉水卓容疑者(65)について、近くに住む70代の男性は「とても温厚な性格でふだんから落ち着いてしっかりしている人だった。健康状態に不安があるような様子もなく定年後は地区の活動を積極的に行って元気に過ごしていた。どうして事故を起こしてしまったのか全くわからず、ただただ驚いています」と話していました。

↑↓上記記事の動画

公園で遊ぶ園児らに車突っ込む 保育士大けが NHKニュース
NHK ニュース
https://www.youtube.com/watch?v=2_sRof0zS2A

2019/05/15 に公開

Nashinokikouen 千葉県市原市五井中央西の梨ノ木公園。
 

Nashinokikouen_map 梨ノ木公園の地図。
 

  

公園の砂場に車突っ込む 園児かばった保育士けが
子どもの交通事故を防ぐ
2019年5月15日15時23分
https://www.asahi.com/articles/ASM5H4QFNM5HUDCB00D.html

動画 14秒
【動画】公園の砂場に車突っ込む 園児かばった保育士けが=遠藤雅彦撮影

As20190515002442_comm 公園に突っ込んだ乗用車(2019年5月15日午前10時54分、千葉県市原市五井中央西2丁目、近隣住民提供)
 

As20190515002575_comm 乗用車が突っ込んだ公園。砂場(中央)近くのフェンスが倒れていた=2019年5月15日午後3時37分、千葉県市原市五井中央西2丁目、朝日新聞社ヘリから、飯塚悟撮影
 

As20190515002549_comm 乗用車が突っ込んだ公園。砂場(右上)近くのフェンスが倒れていた=2019年5月15日午後3時37分、千葉県市原市五井中央西2丁目、朝日新聞社ヘリから、飯塚悟撮影
 

As20190515002606_comm 乗用車が突っ込んだ公園(上)と駐車場の出入り口(下)=2019年5月15日午後3時35分、千葉県市原市五井中央西2丁目、朝日新聞社ヘリから、飯塚悟撮影
 

 15日午前10時25分ごろ、千葉県市原市五井中央西2丁目の公園で、「車が突っ込んだ」と通行人から119番通報があった。県警によると、乗用車がフェンスをなぎ倒し、近くの保育園児らが遊んでいた砂場に突っ込んだという。引率していた30代の女性保育士が、2歳の女児をかばって右足首の骨が折れるけがをした。園児にけがはなかった。

衝突の2台、スピード大幅超過なしか 大津園児死亡事故

 市原署は、乗用車を運転していた同市の自称無職、泉水卓容疑者(65)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。署が詳しい経緯を調べている。

 逮捕容疑は15日午前10時25分ごろ、公園の駐車場で車を発進させる際、道路を挟んで向かい側にある公園に突っ込み、園内の砂場にいた保育士にけがを負わせたというもの。保育士は突き飛ばすようにして園児の被害を防いだという。

 現場はJR五井駅から北に約200メートルの飲食店などが立ち並ぶ一角。

↑↓上記記事の関連動画を二本。

またも暴走事故 園児かばおうとした女性保育士けが(19/05/15)
ANNnewsCH
https://www.youtube.com/watch?v=_uCnfbNDrJQ

2019/05/15 に公開

  

【報ステ】公園に車突っ込む・・・園児守った保育士重傷(19/05/15)
ANNnewsCH
https://www.youtube.com/watch?v=awk8QQcAGGE

2019/05/15 に公開

  

 プリウスについて言及している関連ツイート。

https://twitter.com/product1954/status/1128564407200444416

  

https://twitter.com/MD_71_766/status/1119213674659323905

  

始めに戻る

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

愛知県西尾市で母子交通事故 車は手前で右折し対向車線ではねたか はねられ重体の母親死亡、2歳長男は軽傷

 愛知県西尾市平坂吉山(へいさかよしやま)での事故。事故を起こした運転手は塩谷晃由(しおやあきよし)容疑者(29)。

  

東海 NEWS WEB
西尾で母子はねられ母親重体
05月10日 19時48分
https://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20190510/0004605.html

動画 2分1秒

10日午後、愛知県西尾市で、歩いていた33歳の母親と2歳の長男が乗用車にはねられ、母親が意識不明の重体です。
2人は路地からT字路の交差点に出たところをはねられていて、警察は、乗用車を運転していた29歳の男を逮捕して詳しい状況を調べています。

10日午後2時20分ごろ、愛知県西尾市平坂吉山で道路脇を歩いていた近所に住む33歳の母親と2歳の長男が、乗用車にはねられました。
2人は病院に運ばれ手当てを受けていますが、警察によりますと、母親が意識不明の重体です。
長男のけがの程度は軽いということです。
現場はT字路の交差点で、警察の調べによりますと、2人は路地から通りに出たところをはねられたということです。
また、乗用車はすぐ手前の道路を右折して現場のT字路に入ってきたということです。
警察は、乗用車を運転していた西尾市寺津の無職、塩谷晃由容疑者(29)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。
これまでの調べに対し「ドライブをしていた」と供述しているということです。
現場は西尾市立平坂中学校の南側の見通しのいいT字路で、警察が事故の詳しい状況を調べています。

  

母子交通事故 車は手前で右折し対向車線ではねたか 愛知 西尾
2019年5月11日 4時45分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190511/k10011912301000.html
Internet Archive 

動画 1分15秒 Youtubeにアップされてた。

10日、愛知県西尾市の市道で道路脇を歩いていた母親と2歳の長男が乗用車にはねられ、母親が重体になっている事故で、乗用車は、現場の手前の道路を右折する際、本来の位置よりも手前で曲がり、2人をはねたとみられることが、警察への取材で分かりました。

10日午後2時半ごろ、愛知県西尾市平坂吉山の市道で、道路脇を歩いていた近所に住む33歳の母親と2歳の長男が乗用車にはねられ、母親が意識不明の重体になっています。

警察は、乗用車を運転していた西尾市寺津の無職塩谷晃由容疑者(29)を過失運転傷害の疑いで逮捕し、調べています。

母親と長男は、T字の交差点に出たところ、すぐ手前の道路を右折してきた乗用車にはねられましたが、乗用車は、右折する際、本来の位置よりも手前で曲がり、対向車線側で2人をはねたとみられることが、警察への取材で分かりました。

乗用車は右側のサイドミラーとフロントガラスの右半分が壊れていて、塩谷容疑者は調べに対し「ドライブをしていた。人とぶつかったのは間違いない」と供述しているということです。警察が事故の詳しい状況を調べています。

↑↓上記記事の動画

母子交通事故 車は手前で右折し対向車線ではねたか 愛知 西尾 NHKニュー
NHK ニュース
https://www.youtube.com/watch?v=rYxHLwAtbH4

2019/05/10 に公開

201905110m50s  38秒の所からの説明部分。対抗二車線の道路から同じく対抗二車線への右折。右折する際、本来の位置よりも手前で曲がり、対向車線側で2人をはねた。

  

母子が乗用車にはねられ母親重体 運転の男逮捕 愛知 西尾
2019年5月10日 18時22分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190510/k10011911581000.html
Internet Archive 

動画 28秒

10日午後、愛知県西尾市で、道路脇を歩いていた33歳の母親と2歳の長男が乗用車にはねられ、母親が意識不明の重体です。2人はT字路の交差点に出たところをはねられていて、警察は、乗用車を運転していた29歳の男を逮捕して詳しい状況を調べています。

10日午後2時20分ごろ、愛知県西尾市平坂吉山で道路脇を歩いていた、近所に住む33歳の母親と2歳の長男が、乗用車にはねられました。

2人は病院に運ばれ手当てを受けていますが、警察によりますと、母親が意識不明の重体です。
長男のけがの程度は軽いということです。

現場はT字路の交差点で、警察の調べによりますと、2人は交差点に出たところ、すぐ手前の道路を右折してきた乗用車にはねられたということです。

警察は、乗用車を運転していた西尾市寺津の無職、塩谷晃由容疑者(29)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。
これまでの調べに対し、「ドライブをしていた。人とぶつかったのは間違いない」と供述しているということです。

現場は西尾市立平坂中学校の南側の見通しのいいT字路で、警察が詳しい状況を調べています。

「ふだんから危ないと思っていた」

近くに住む60代の男性は「ガシャンという音が聞こえたので、しばらくして外に出てみたら、救急車がお母さんと男の子を救助しているところでした。お母さんは顔が血だらけで意識がないような様子で、男の子のほうは意識はあるようでした。ふだんから危ないと思っていましたが、ついに事故が起きてしまいました」と話していました。

また、近所の30代の男性は「事故が起きた道は、それほど広くありませんが、近所の人たちがよく通る道です。それなりに交通量はありますが、これほど大きな事故は初めてです。学校もすぐ近くにあるし、気をつけてほしいと思います」と話していました。

  

はねられ重体の母親死亡、2歳長男は軽傷 愛知・西尾の事故
毎日新聞2019年5月13日 13時22分(最終更新 5月13日 13時37分)
https://mainichi.jp/articles/20190513/k00/00m/040/096000c

 愛知県西尾市の市道交差点で10日、母子が乗用車にはねられた事故で、意識不明の重体となっていた母の清水光紗さん(33)=同市平坂吉山=が死亡していたことが13日、県警西尾署への取材で分かった。

<愛知・西尾市で母子はねられる 容疑で運転手を逮捕>
<衝突から1秒前後で突っ込んだか 園児ら逃げる間なく 大津16人死傷事故>
<交差点で2児はねる 容疑の74歳女逮捕 「太陽がまぶしくて」 信号見落とす?>
<「衝突音で初めて対向車に気付いた」スマホ操作などせず 大津園児死傷事故>

 清水さんは頭を強く打っており、12日夕に死亡が確認されたという。一緒にいた長男(2)は軽傷だった。

 西尾署は車を運転していた塩谷晃由容疑者(29)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕、容疑を自動車運転処罰法違反(過失致死)に切り替えて調べる。

 現場は信号の無い丁字路の交差点で、右折した塩谷容疑者の車が母子をはねたとみられる。【高井瞳】

始めに戻る

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

「多数の子どもが下敷きに」 園児の列に車突っ込む  保育園児らの列に車突っ込む 園児2人死亡 大津

 以下関連記事を何本か採録。

  

「多数の子どもが下敷きに」 園児の列に車突っ込む
子どもの交通事故を防ぐ
2019年5月8日12時17分
https://www.asahi.com/articles/ASM583T3QM58PTIL00J.html

動画 40秒 「多数の子どもが下敷きに」 園児の列に車突っ込む.mp4

As20190508001538_comm 事故現場のイメージ
 

As20190508001202_comm 事故のあった現場
 

As20190508001183_comm 保育園児らの列に車が突っ込んだ交差点=2019年5月8日午前11時26分、大津市、朝日新聞社ヘリから、小林裕幸撮影
 

 8日午前10時15分ごろ、大津市大萱6丁目の湖岸道路で、「保育園児の列に車が突っ込んだ」と、近所の住民から119番通報があった。

泣き叫ぶ園児、抱きしめた 湖畔の街の惨状「言葉ない」
保育園児1人の意識回復 散歩の列に車、2人が死亡

 事故が起きた交差点付近では、フロント部分が壊れた軽自動車が歩道に完全に乗り上げ、歩道の緑色のフェンスはグシャグシャに壊れていた。車のそばには、子ども用の水筒とみられるものが複数落ちていた。

 現場のそばにあるジムで働いていた男性従業員は、車が歩道に乗り上げ、フェンスに突っ込んでいるのがガラス越しに見えて事故に気づいた。慌てて飛び出すと、子どもたちの泣き叫ぶ声と保育士らしき大人の悲鳴が響き、「大惨事だと思った」。フェンスと車の間に複数の子どもが挟まれ、血を流してぐったりしているのが見えたという。

 「もうすぐ救急車来るから」「大丈夫、頑張って」。救急車が到着するまでの数分間、ぐったりした子どもたちに男性従業員は声をかけ続けたという。

 子どもたちは毎朝同じくらいの時間に、保育士らしき大人と同じ道を通っていたという。「いつも元気な様子で散歩をしていた。まさかこんな事故が起きるなんて」と話した。

 現場近くのホテルの従業員によると、外で作業をしていた別の従業員が、車がぶつかるような大きな音で事故に気づいた。一緒に現場に駆けつけると、車が歩道脇のフェンスに突っ込み、多数の子どもたちが車の下敷きになっており、あわてて119番通報したという。周りには、付き添いの保育士や他の子どもたちがいたが、ぼうぜんとした様子だったという。

 同保育園近くに住む女性(59)は「よく午前中にグループで園児たちが散歩しているのを見かけた。子どもたちはいつも元気でうれしそうだった。現場は交通量の多い道路だが、なんでこんな事故が起きたのか」と園児たちのことを案じていた。

  

保育園児らの列に車突っ込む 園児2人死亡 大津
2019年5月8日 23時10分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190508/k10011908651000.html
Internet Archive 

動画 1分9秒

8日午前、大津市の交差点で、保育園児と引率の保育士合わせて16人の列に車が突っ込み、園児2人が死亡、1人が意識不明の重体、8人が大けがをしました。

K10011908651_1905081501_1905081515_01_04 8日午前10時すぎ、びわ湖に近い大津市の交差点で、近くのレイモンド淡海保育園の園児13人と引率の保育士3人の列に車が突っ込みました。

警察によりますと、この事故で2歳から3歳の園児13人全員が病院に運ばれ、伊藤雅宮くん(2)と原田優衣ちゃん(2)が死亡しました。

また別の2歳の園児1人は一時、意識は回復したものの、再び意識不明の重体となっているほか、園児8人が足の骨を折るなど大けがをし、2人が軽傷を負いました。

保育士3人もけがをして病院で手当てを受けました。

警察や保育園によりますと、園児たちは保育士の引率でびわ湖に向かって散歩をしている途中で、当時、信号待ちをしていたということです。

これまでの調べで、直進してきた軽乗用車が、交差点を右折しようとしていた乗用車に気付いて避けようとしましたが衝突し、軽乗用車はそのはずみで園児の列に突っ込んだということです。

警察はそれぞれの車を運転していた2人をその場で逮捕しましたが、このうち、直進していた軽乗用車を運転していた大津市の62歳の女性を、8日夜、釈放しました。

一方、右折しようとした乗用車を運転していた大津市の新立文子容疑者(52)については引き続き過失運転致死傷の疑いで調べていて、詳しい状況の確認を進めることにしています。

事故の状況は

事故が起きたのは、大津市東部のびわ湖沿いの見通しのよい道路の交差点です。

午前10時すぎ、軽乗用車が交差点を直進していたところ、対向車線の乗用車が右折しようとしてきました。
警察によりますと、交差点の信号は軽乗用車側と乗用車側、いずれも青でした。

これまでの調べでは、この際、軽乗用車はよけようと左にハンドルを切りましたが、前方部分が乗用車とぶつかり、そのはずみで交差点のそばの歩道にいた園児と保育士の列に突っ込んだということです。

事故に巻き込まれたのは、近くにあるレイモンド淡海保育園のうさぎ組の2歳から3歳の園児です。

8日は午前10時ごろに保育園を出発し、すぐ近くのびわ湖の湖畔まで散歩をする予定で、当時は道路の西側に渡ろうと信号待ちをしていたということです。

事故を目撃した男性「バンという音のあと悲鳴が」

車で信号待ちをしていた際に事故を目撃し、消防に通報したという30代の男性は、「バンという音がしたあと悲鳴が聞こえたので、慌てて車から飛び出しました。歩道には園児たちが泣いたり、ぐったりした様子で倒れたりしていて、私も男の子に声をかけるなど救護活動を手伝いました。こんなにたくさんの子どもが大きな事故に遭い、とてもかわいそうで、許せない気持ちです」と話していました。

子どもを迎えに来た女性「ことばになりません」

園児たちが通っていた大津市のレイモンド淡海保育園には、保護者が心配そうな表情で子どもを迎えに来ていました。

4歳の男の子の30代の母親は「本当にことばになりません」と涙を浮かべながら話していました。

また、事故を知った近所の住民たちも集まってきていて、20代の女性は「自分にも11か月と2歳の2人の子どもがいるので、ひと事ではなく本当に心配です。近所でこんな悲惨な事故が起きるとは思いませんでした」と話していました。

亡くなった原田優衣ちゃん “いつも笑顔でニコニコ”

亡くなった原田優衣ちゃんの自宅の近くに住む40代の男性は、自分の1歳の息子が優衣ちゃんとよく遊んでいたということです。

男性は「優衣ちゃんは、いつも笑顔でニコニコしていて、会うと手を振ってくれるよい子でした。自分の息子が優衣ちゃんと同じくらいの年齢なので、亡くなったと聞いてとても心苦しいです。身近でこのようなことが起きるなんて信じられず、びっくりしています」と話していました。

現場に献花台

事故現場の壊れたフェンスの前には、午後8時前に献花台が設けられました。近所の人や、同じ年ごろの子どもがいる人が次々に訪れ、花やジュース、菓子などを供えて静かに手を合わせていました。

保育園の運営法人がコメント

園児たちが通う、レイモンド淡海保育園を運営する社会福祉法人「檸檬会」は、「今回、このような痛ましい事故が発生し、大変な驚きと同時に本当に心を痛めております。お亡くなりになった園児と子どもたちの未来のことを思うと、本当に残念でなりません。保護者およびご親族、ご親類の皆様に心よりお悔やみ申し上げます」というコメントを発表しました。

事故に巻き込まれた園児と保育士の名前

警察によりますと、この事故では2歳から3歳の園児13人と引率の保育士3人の合わせて16人全員が病院に運ばれ、このうち伊藤雅宮くん(2)と原田優衣ちゃん(2)が死亡しました。

また、時瑾潤くん(2)が意識不明の重体となっています。

骨を折るなどの大けがをしたのは、
桐畑瑠奈ちゃん(3)、伊藤正修くん(2)、宮本煌生くん(2)、
土井鈴菜ちゃん(3)、鈴木杏ちゃん(2)、西脇優毅くん(2)、
山下心椛ちゃん(2)、草野希心ちゃん(2)の8人です。

土肥花波ちゃん(2)と、山口椿ちゃん(2)の2人は軽いけがを負いました。

園児を引率していた保育士の永田千尋さん(27)と、近藤絢子さん(33)、それに山口千夏さん(47)の3人も軽いけがをして病院で手当てを受けました。

↑↓上記記事の動画。

保育園児らの列に車突っ込む 園児2人死亡 大津
NHK MEDIA
https://www.youtube.com/watch?v=Q9wVrCt-61w

2019/05/08 に公開

  

園児2人死亡事故 「前をよく見ずに右折」と逮捕の女
2019年5月9日 20時45分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190509/k10011910101000.html
Internet Archive 

K10011910101_1905091728_1905091728_01_028日、大津市で保育園児の列に車が突っ込み2人が死亡した事故で、交差点を右折しようとして事故を起こし逮捕された女が、調べに対し「前をよく見ずに右折した」と供述していることが警察への取材で分かりました。

8日午前、びわ湖沿いの大津市の交差点で、歩道で信号待ちをしていた近くの保育園の園児と保育士、合わせて16人の列に車が突っ込み、いずれも2歳の伊藤雅宮くんと原田優衣ちゃんが死亡しました。

別の園児1人が意識不明の重体になっているほか、合わせて13人が重軽傷を負いました。

警察によりますと、事故は交差点を直進しようとした軽乗用車に、右折しようとした乗用車が衝突し、そのはずみで軽乗用車が歩道に乗り上げたということです。

警察は乗用車を運転していた大津市の新立文子容疑者(52)を逮捕して、過失運転致死傷の疑いで調べています。

これまでの調べで、乗用車は右折専用のレーンから前を走る車に続くようにして右折しようとしていたことが分かっていますが、警察によりますと、新立容疑者は調べに対し、「前をよく見ずに右折した」と供述しているということです。

また、交差点で衝突した2台は、前の部分が壊れたりフロントガラスの一部にひびが入ったりしていますが、損傷の程度が大きくないことから、警察はどの程度の速度が出ていたのかなど、詳しい状況を調べています。

亡くなった2人の遺族がコメント

今回の事故で亡くなった2人の保育園児の遺族は、警察を通じてコメントを出しました。

このうち、原田優衣ちゃん(2)の父親、学さんは用紙3枚に手書きで心情をつづっています。その一部です。

「私どもの娘が今回の不慮の事故に巻き込まれ、わずか2年10か月という短い人生に幕を閉じました。家族5人で苦楽を共にし、ふつうに過ごせると思っておりましたので、驚きを隠せず、現実とは思えませんでした。しかしながら、いま自宅で話をせず、いつも明るくいたずらっぽい笑顔も見せることなく、ずっと寝ている娘を見ていると徐々にではありますが、娘の死を受け入れざるを得ません。1日たつごとに家族としても胸が張り裂けるほどの深い悲しみに包まれております。私どもとしても安らかに娘を旅立たせようと思っております」などとコメントしています。

また、伊藤雅宮くん(2)の遺族も同じように手書きで「私たちは、このたびの突然の事故で大切な家族を失い、深い悲しみを受けています。このような私たちの心情をお察しいただきますようお願い申し上げます」などと記しています。

通学路の安全対策は

小学校の通学路における安全対策については、2012年に京都府亀岡市で、集団登校中の児童の列に車が突っ込んで10人が死傷した事故が起きたあと、文部科学省などが継続的に調査しています。

通学路のなかで安全対策が必要な箇所は、2012年度には全国で7万4400か所ほどありましたが、2017年度末の時点では、ハードの整備やボランティアによる見回りなどが進み、2200か所余りまで減っているということです。

しかし、調査は通学路にかぎられるため、今回事故があったような通学路以外の道路については安全対策はもちろんのこと、実態の把握さえ難しいのが実情だといいます。

文部科学省は各自治体や学校で警察などと協力して、ハードとソフトの両面から対策を検討してほしいとしています。

直進と右折の事故 1年で1万8000件以上

警察庁によりますと、今回の事故のように、交差点で直進の車と右折の車が衝突して起きた人身事故は、去年1年間に全国で1万8712件に上り、このうち130件が死亡事故でした。

交通事故総合分析センターによりますと、右折の車のドライバーが直進の車を見落とす要因には、急ぎの用事があるなどの焦りや、一定の時間、右折のために車を待機させている間に生じる油断、それに前にいる車などによって視界が遮られることなどが挙げられるということです。

警察は右折の際は周りをよく確認するなど、安全確認を徹底するよう呼びかけています。

7年前の事故 遺族「記憶よみがえり苦しい」

7年前、京都府亀岡市で無免許運転の少年の車が小学生の列に突っ込み、10人が死傷した事故の遺族がNHKの取材に応じ「事故で人の命が失われることが当たり前ではいけない」と悔しさをにじませました。

7年前の平成24年4月、京都府亀岡市で、無免許で居眠り運転をしていた当時18歳の少年の車が小学生の列に突っ込み、児童2人と子どもに付き添っていた妊娠中の松村幸姫さん(26)の3人が死亡し、7人が重軽傷を負いました。

大津市での事故を受けて、松村さんの父親の中江美則さんが9日、大阪府内でNHKの取材の応じ、「また小さな子どもや女性が巻き込まれる事故が起きてしまった。過去の記憶がよみがえり、苦しさを感じる。事故で人の命が失われることが当たり前ではいけない」と悔しさをにじませました。

そのうえで、「運転する人は歩行者の近くを通る時は、より慎重に運転してほしい。ガードレールなど人の命を守るための歩行者に寄り添った道路の整備を、通学路だけにこだわらず進めてほしい」と述べて、運転する人に交通安全への自覚を促すとともに、歩行者の安全を守るためのハード面の整備の必要性を訴えました。

  

園児2人死亡事故 前の車に続いて右折しようとしたか
2019年5月9日 12時13分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190509/k10011909671000.html
Internet Archive 

動画 1分48秒 Youtubeにアップされてた。

8日、大津市で保育園児の列に車が突っ込み2人が死亡した事故で、交差点で衝突した乗用車が前の車に続いて右折しようとしていたことが、捜査関係者への取材で分かりました。捜査関係者は、ドライブレコーダーの映像を解析するなど、詳しい状況を調べています。

8日午前、びわ湖沿いの大津市の交差点で、歩道で信号待ちをしていた近くの保育園の園児と保育士合わせて16人の列に車が突っ込み、いずれも2歳の伊藤雅宮くんと原田優衣ちゃんが死亡しました。

別の園児1人が意識不明の重体になっているほか、合わせて13人が重軽傷を負いました。

警察によりますと、事故は、交差点を直進しようとした軽乗用車に、右折しようとした乗用車が衝突し、そのはずみで軽乗用車が歩道に乗り上げたということです。

警察は、乗用車を運転していた大津市の新立文子容疑者(52)を過失運転致死傷の疑いで逮捕しました。

捜査関係者によりますと、乗用車は、右折専用のレーンを通り、前を走る車に続くようにして、右折しようとしていたということです。

直進していた軽乗用車にはドライブレコーダーが付いていたということで、警察は、記録された映像を解析するなど、詳しい状況を調べています。

現場の交差点に献花台

事故から一夜明けた現場の交差点では、設置された献花台に花を手向けたり、立ち止まって手を合わせたりする人の姿が見られました。

ウォーキングをするために現場の交差点を通るという40代の女性は、「あんな事故が起きるなんて信じられません。気持ちをうまくことばにすることができませんが、二度と事故が起こらないように祈っています」と話していました。

また事故のことを知って献花台に手を合わせに来たという80代の男性は、「たった2年しか生きていない子どもたちが亡くなったことはかわいそうでしかたない。見通しのよいまっすぐな道路でこんな事故が起きるとは信じられない。車のハンドルを握る人には気をつけて運転をしてもらいたい」と話していました。

近所の主婦「かわいそうでことばにならない」

亡くなった伊藤雅宮くん(2)について、近所に住む主婦は「夕方になると家の前で、両親とおもちゃで遊ぶ姿をよく見かけました。雅宮くんは両親が追いかけていくほど元気に走り回り、この連休中は自宅の前でバーベキューをするなど家族仲もとてもいいと感じていました。かわいそうでことばになりません」と話していました。

警察庁長官“歩行者の安全対策を進める”

この事故について、警察庁の栗生俊一長官は、9日の定例の記者会見で、「大変痛ましく残念でならない。国内の交通死亡事故は海外と比べて歩行者が犠牲になる割合が非常に高く、警察としてもドライバーへのさらなる広報啓発や指導、取り締まりを行っていきたい」と述べました。

そのうえで、栗生長官は通園路や通学路のガードレールの整備などの歩行者の安全対策を、関係機関と進めていく考えを示しました。

↑↓上記記事の動画。

園児2人死亡事故 前の車に続いて右折しようとしたか
NHK MEDIA
https://www.youtube.com/watch?v=UCpVJv7-ipc

2019/05/09 に公開

1分7秒(#t=1m7s)から、事故が起きた時間とほぼ同じ午前10時過ぎの現場。北から南方向の撮影で、右折レーンにはたくさんの車が並んでいる

20180361 大津市大萱(おおがや)6丁目交差点。2018年3月撮影のグーグルのストリートビュー。北から南方向の撮影。今回事故の右折レーンが写っており、右折レーンの右側に見えるのは琵琶湖。
 

20180362 グーグル地図。地図真ん中「ロックメイト大津店」とあり、大津店とある所が今回事故現場の大津市大萱(おおがや)6丁目交差点。
 

SOBA:今回の事故は「右直分離の信号」だったら防げていた可能性があります。以下参考記事。

右折事故で奪われた幼い命!矢印信号の落とし穴…“信号ルール”はこれで良いのか?
2019年5月9日 木曜 午後7:56
https://www.fnn.jp/posts/00045105HDK

  

園児の列に車突っ込み2人死亡 保育園が記者会見
FNN.jpプライムオンライン
https://www.youtube.com/watch?v=SsIKI6aqkhY

2019/05/08 にライブ配信

  

関連Twitter ツイート。

https://twitter.com/L_wingsss/status/1126054858987954178

  

https://twitter.com/Hiroki_Komazaki/status/1126281714295197696

  

https://twitter.com/mogumogumongo/status/1126070661007339520

  

https://twitter.com/mogumogumongo/status/1126094647590248448

  

参考動画。

知らないと危険!右折レーン手前のゼブラゾーンの意味とは?ネットで話題、知ってよかった雑学【雑学魂】
雑学魂
https://www.youtube.com/watch?v=8MgQGK2kuEw

2017/10/21 に公開

始めに戻る

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

退位礼正殿の儀 安倍総理があいさつで「天皇皇后両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願っていません」

 最初に、安倍総理大臣による国民代表の辞の動画。

  

天皇陛下ご退位 総理大臣による国民代表の辞(19/04/30)
ANNnewsCH
https://www.youtube.com/watch?v=BRHT5mNFHuU

2019/04/30 に公開

1分57秒(#t=1m57s)から、安倍「天皇皇后両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願って、あらせられますことを願っていません」。

  

↑↓上記動画のNHKによるあいさつ全文テキスト起こし。

退位礼正殿の儀 安倍首相のあいさつ全文
2019年4月30日 17時17分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190430/k10011901971000.html

K10011901971_1904301715_1904301718_01_02
 

安倍総理大臣は、天皇陛下の退位の儀式「退位礼正殿の儀」であいさつし、国民代表として感謝の気持ちを表しました。あいさつの全文です。

「退位礼正殿の儀における内閣総理大臣の国民代表の辞」

謹んで申し上げます。天皇陛下におかれましては、皇室典範特例法の定めるところにより、本日をもちまして御退位されます。

平成の三十年、「内平らかに外成る」との思いの下、私たちは天皇陛下と共に歩みを進めてまいりました。この間、天皇陛下は、国の安寧と国民の幸せを願われ、一つ一つの御公務を、心を込めてお務めになり、日本国および日本国民統合の象徴としての責務を果たしてこられました。

我が国は平和と繁栄を享受する一方で、相次ぐ大きな自然災害など、幾多の困難にも直面しました。

そのような時、天皇陛下は、皇后陛下と御一緒に、国民に寄り添い、被災者の身近で励まされ、国民に明日への勇気と希望を与えてくださいました。

本日ここに御退位の日を迎え、これまでの年月を顧み、いかなる時も国民と苦楽をともにされた天皇陛下の御心に思いを致し、深い敬愛と感謝の念を今一度、新たにする次第であります。

私たちは、これまでの天皇陛下の歩みを胸に刻みながら、平和で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来を創り上げていくため、更に最善の努力を尽くしてまいります。

天皇皇后両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願ってやみません。ここに、天皇皇后両陛下に心からの感謝を申し上げ、皇室の一層の御繁栄をお祈り申し上げます。

  

以下、Twitterでの反響。

https://twitter.com/88_svx/status/1124604232911351808

https://twitter.com/j1Uqlj50E8OFIkm/status/1124610818929086465

https://twitter.com/KintaGoya/status/1124552425656819712

https://twitter.com/shishinosenzi/status/1124557646067933185

https://twitter.com/nurse845/status/1124676741035773952

https://twitter.com/maro2012/status/1124702234325860352

https://twitter.com/cIHtcCLzQtI7ZPX/status/1124428977064431616

  

 おまけ。

天皇皇后両陛下ご成婚60年 共に歩まれた“軌跡”(19/04/11)
ANNnewsCH
https://www.youtube.com/watch?v=4iZZDnLn4Jk

2019/04/10 に公開

始めに戻る

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »